ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「英語力を伸ばすこと」は、一体何につながっていくのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Fumiaki Nakagawa「SanFrancisco & SiliconValley

「これからはグローバルの時代」「英語力の向上は必須だ!」と、ここ数年言われ続けています。しかし普段英語を使わない人にとって、英語力がどれくらい重要なのか、いまいちピンときませんよね。実は英語を身につけることって、私たちの生活を豊かにすることでもあるんです!

そこで、今回は、前回の記事に引き続き、留学・語学事業を展開する世界最大級の私立教育機関EFの調査レポート「EF EPI 2014」から、英語力と親和性のあるいくつかの指標を紹介します。

英語力×ビジネス

英語を話すことができれば、ビジネスチャンスも増えるというイメージがある人も多いはず。「EF EPI 2014」の調査結果によると、国境を越える貿易のしやすさ、グローバルでの契約執行のしやすさ、海外での起業のしやすさなど、10種類のビジネス指標が英語力と相関性があるとわかりました。

また「EIU(※1)」が行った経営者へのインタビュー調査では、回答した90%近くの経営者が、企業における国境を越えたコミュニケーションを改善すれば、ビジネスの拡大機会が広がり、販売機会を失うことが減少すると回答しています。今や英語とビジネスは切っても切れない関係になってきているようです。

(※1)EIU:エコノミスト・インテリジェンス・ユニット
イギリスの定期刊行物『エコノミスト(Economist)』の調査部門。世界界各国の政治経済やその予測、カントリーリスク、地域ビジネス概要、その時々のビジネス諸問題に関する調査レポートなどを出版する企業。

英語力×生活の質

実は、いくつかの発展途上国(パナマ共和国やカンボジアなど)では「英語」は贅沢なものとして扱われています。なぜなら私立学校や大学のみで教えられているものだからです。

国連が発表している「人間開発指数(HDI)」や生活のレガダム研究所が発表している「豊かさ指数」と「EF EPI」の結果を照らし合わせると、ある相関性を確認することができます。その相関性とは、英語を話すことができるのは国が豊かであるというものです。個人が英語力を磨けば、国全体の生活環境がもっと豊かになっていく可能性もあると言えそうです。

Photo credit: Masaki Iwamoto「サンフランシスコ & シリコンバレー for WWDC2015

英語力×テクノロジー

オンラインツールは自分で英語能力を強化することができるツールの一つ。「EF EPI 2014」の結果から、英語力とテクノロジーには相関性があることがわかりました。

また、「ユーロモニター・インターナショナル2012(※2)」の報告書では、中東・北アフリカの若者たちの英語学習の一番の動機はオンラインソーシャルネットワークへの参加であると報告されています。今後、英語力を効率的かつ能動的に身につけるためには、テクノロジーが鍵になっているのかもしれません。テクノロジーを駆使して、もっと英語を学びやすくなることは間違いないでしょう。

(※2)ユーロモニター・インターナショナル
ユーロモニター・インターナショナルは、企業の事業戦略立案などに役立つ、世界各国の様々な産業やサービスに関するデータ・分析レポートを提供する、国際市場調査のリーディングカンパニー。

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける
Photo by: Fumiaki Nakagawa「SanFrancisco & SiliconValley

関連旅行記はこちら

*Masaki Iwamoto「サンフランシスコ & シリコンバレー for WWDC2015

*Fumiaki Nakagawa「SanFrancisco & SiliconValley

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP