体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】LINEスタンプがバカ売れ大ヒット! 森もり子先生を独占インタビュー

1e1d8394e5899304f6c84e6326b69bb0

「返事マダ?」既読じゃん…」と言う不機嫌そうな女性のLINEスタンプに見覚えがありませんか? この作者である森もり子さんに、顔出し完全NGという条件で直撃してみました!

――誰でも自由に制作、販売ができる「LINEクリエイターズマーケット」が始まったと同時に人気者になった森さんですが、昔から絵を描いたり漫画をつくったりされていたのでしょうか?

森もり子: 小さい頃から絵を描くのは好きでしたし漫画もつくってみたりはしてましたけど、あくまでも個人で楽しむ分で、どこかに発表したことはなかったですね。スタンプを作る前の活動としては、普通に会社員として働きながら、Twitterでネタをつぶやいていたくらいでしょうか。いわゆるネタクラスタってやつですね。

それを始めてから1年ちょっとの時点で、フォロワーは2万人くらいにまで増えていたと思います。そこから……別に延長線上ということではないのですが、ネットで表現をしたいなと思うようになって、それが小説でもポエムでも何でもよくて、そんな時にLINEクリエイターズマーケットがスタートするというニュースを読んで、やってみようかなと思ったという感じです。

――LINEスタンプ第1弾の「もっと私にかまってよ!」は、Twitterに投稿されていた一枚絵の効果もあってか瞬く間に話題を集めましたが、戦略はどのように考えられたのでしょうか。

森もり子: まさにその一枚絵は人気が出た理由のひとつだと思っています。せっかく2万人ものフォロワーがいるんだから告知媒体としてTwitterを使おうと決めた時に、どうしたら多くの人の目に止まるのかを考えたんですね。それで、パッと見た時にコンセプトがわかりやすくて、どんな絵柄なのかを理解できるように考慮しながら並べたんです。あと、何よりも重視したのはスタートダッシュでした。

サービス開始の時点で上位にランクインできたら、「LINEクリエイターズマーケットがスタートしました」というニュースの中で「今はこんなスタンプが売れています」と紹介してもらえると思ったからです。で、狙い通りといいますか(笑)、Twitterでの告知はすごい規模でリツイートされ、ニュースでも「これが1位です」と紹介されて、その相乗効果でまた売れていくという状況でした。そこまで綿密に計算していたわけではないですけど、結果的にすごく良い流れができましたね。

morimoriko1

――「彼氏を追い込む」というコンセプトはいつ頃から考えられたんでしょうか。

森もり子: どういうスタンプを作ればダウンロードしてもらえるのかはLINEの媒体資料や関連するニュース記事なんかを読み込みました。1年ほど前の話なので今は変わっているかもしれませんが、当時はLINEのアクティブユーザーは女性が多く、さらに有料スタンプの購買層は30代の女性が突出していたことがわかり、ターゲットをここに絞り込みました。

コンセプトは、今や当たり前になっている既読無視や未読放置などLINEならではの特性を活かし、それをちょっと面白くできるものにしようと思いました。よくTwitterなどで彼氏の既読無視に対して「返事まだ?」や「何してるの?」とか同じ言葉を連発してみたというスクショを見かけるんですけど、そういうちょっと重たい恋愛ネタってリツイートされたりお気に入りがたくさんついたり、とにかく拡散力が強いんです。それに、これまでの企業系や可愛いキャラクター系ではこのようなスタンプはなかったので、あったら面白いなと。

最初は吹き出しにも「彼氏」というワードを入れていたんですけど、既婚の方にも広く使ってもらいたかったので、ユーザーを限定しないようには気をつけました。

――たくさん届いていると思いますが、ユーザーからの反響を教えてください。

森もり子: 彼女が彼氏に送ってみたというところ以外ですと、逆に彼氏が使ってみたとか、友達同士で使ったとか、みなさん自由に楽しんでもらっているようです。そうは言っても、実際に既読無視や未読放置を突っ込む場面ってそうそう発生しないですよね。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。