ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長谷川町子さんの遺骨盗難 三行広告内「原揚子さん」の意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新聞には数多の広告が掲載されているが、そのなかで最も“日陰”の存在といえるのが「三行広告」だろう。しかしその短いメッセージに、国民的漫画家の「遺骨」を巡る事件に三行広告がかかわっていた。

 1992年5月27日、『サザエさん』の作者・長谷川町子さんが72歳でこの世を去った。その遺産は約30億円と報じられ、大きな話題になった。その翌年の3月25日、遺族に脅迫状が送り付けられた。脅迫状にはこう記されていた。

「遺骨を盗んだ。返してほしければ金を出せ」

 犯人は数千万円を要求したとされ、取引に応じるなら新聞広告を出すよう指示したという。この要求に対応したのが姉の毬子(まりこ)さん。彼女は警視庁と相談し、3月31日の読売新聞・尋ね人欄にこんな広告を出した。

〈原揚子さん 至急連絡下さい まり子〉

 詳細は明らかにされていないが、この文面は原(払う)、揚子(用意)の意味が隠されているのではないかと報じられた。ただ出稿後も、犯人からは連絡がなかった。

 事態が進展したのは翌4月だった。「渋谷駅のコインロッカーに安置している」と書かれた便箋と、ロッカーの鍵が同封された速達郵便が送られ、遺骨は無事に遺族のもとに戻った。犯人は捕まらず、未解決事件になっている。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新聞社 「震災の見舞い広告はいかが?」と企業に積極営業
権威に弱い新聞は大誤報しても“俺たちも被害者”と開き直る
ネット選挙広告 新聞社バナー広告は見る人半分でも料金6倍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP