ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『5→9』プロデューサー 今後月9は王道胸キュン路線を進む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 主演の石原さとみと山下智久が共演した月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系、毎週月曜日夜9時)は、アラサーの女の子とイケメン僧侶とのラブコメディーだ。いわば“月9の王道”といえるような恋愛ドラマとなっているこのドラマの裏側について、後藤博幸プロデューサーに話を聞いた。

──主演の石原さとみさんは山下智久さんと、今回が初共演だそうですが、この2人をキャスティングした理由は?

後藤:初共演とは知らなくて、純粋に桜庭潤子という役と星川高嶺という役は誰がいいかなと思ったら、ベストだったのが石原さんと山下さんだったということです。それがたまたま初共演だったというだけなんですけど、やはり王道感がありつつも新鮮さがあるキャスティングになったと思います。

──原作漫画の作者・相原実貴さんも、石原さとみさんをイメージして描いていたそうですね。

後藤:そうなんですよね。実はそれも知らなくて、ドラマ化の話を進めていくうちに、そうだと判明しました。

──山下さんはご自身で「ぼくの役は変わった役」とおっしゃっていましたが、なぜ、彼は変な役が多いのでしょう。

後藤:どうしてでしょうねえ…。個人的には少女漫画の王子様役がハマりそうな俳優さんだと思うんですが、おそらくテレビドラマではそういう役はやられてないですよね。

──山下さんは、今回も東大でインド哲学を学んだ僧侶というかなり変わった役ですね。

後藤:いわゆる個性派と呼ばれるような、クセのある俳優さんが演じたら、ものすごく難しいキャラクターに見えてしまって、視聴者もなかなか共感できないんじゃないかと思います。でも、ソフトで王子様的なビジュアルを持っている山下さんがこの役をやることで、ギリギリ成立する。あまりにも突拍子もない行動をとる役なので、愛されなくなるリスクがあるキャラクターなんですよ。でも、山下さんが演じれば、ただ単におかしな人ではなく、突拍子もない行動の裏側にあるピュアな気持ちを描けるんじゃないかと。

── 一方の石原さんといえば『失恋ショコラティエ』のように、小悪魔的な役のイメージも強いですが、今回はまた違った感じの役どころ。

後藤:都電荒川線のある駅から徒歩20分のところの公団に住んでいるという設定で。それで英語だけはすごく話せるという役どころ。どちらかといえば普通の女の子なんだけど、山下さんが演じるイケメン僧侶にプロポーズされる。正直いって、イケメンに迫られて嫌な気持ちにはなかなかならないと思うんですよ。しかも山下さんですからね。視聴者の女性には、どうか石原さんと自分を置き換えて、王子様のような男性から迫られる気持ちを味わってほしいなと思います。

──後藤さんは以前、月9の枠で『極悪がんぼ』を手がけられています。当時と現在で、月9に対する意識に違いなどはありますか?

後藤:『極悪がんぼ』をやっていた時期は、ちょっと月9を変えようという動きがあったんです。いわゆる「月9ブランド」に縛られない作品を作っていこう、っていう。でも、今はやっぱり月9は月9らしい作品をやったほうがいいんじゃないかという流れになっています。今年の7月クールの『恋仲』もまさにそうですね。なので、月9というのは王道の“胸キュン”ものの方向に進んでいくんじゃないかなと思います。

──『5→9 ~私に恋したお坊さん~』は“ラブコメ”と打ち出されていますが、昔からイメージされている月9の作り方をするということでしょうか?

後藤:月9らしさを保ちしつつ、今らしさは入れたいと思いますね。

──今らしさとは?

後藤:それこそ僧侶との恋愛というのは、ある意味今らしい部分ですよね。お坊さんに関するバラエティー番組なんかもあって、ちょうど興味が持たれている時期なので。その他の登場人物についても、今っぽい要素が入っているので、注目してほしいですね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石原都知事 橋下市長と石原伸晃自民党幹事長の連携あり得る
評論家「山下達郎が竹内まりやというアーティストを生んだ」
石原さとみ フジ月9主演で英会話講師役のラブシーンに注目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP