ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルビッシュ翔容疑者 兄を助けたり泣いて詫びた「深い絆」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野球賭博の開帳図利(とり)と常習賭博の容疑で10月26日、人材派遣業を営むダルビッシュ翔容疑者(26)が大阪府警に逮捕された。同容疑者は、大リーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手(29)の弟である。

 野球賭博という愚行は、現役の大リーガーである兄に影響を及ぼすことは避けられない。実は本誌記者は2012年夏、翔容疑者にロングインタビューを行なっていた。当時、この取材は誌面化しなかったが、翔容疑者は殊勝な態度で質問に答え、兄との「深い絆」を語っていた。少年時代の回想。

「俺ら兄弟はハーフということもあって、幼い頃からいじめられた。俺は腕力で相手を黙らせてきたけど、おとなしい性格の兄は違った。手足の長い兄は、その頃大流行していたテレビゲーム『ストリートファイターII』のキャラクターのダルシムに似ているといわれ、近づくと『ダルシム菌がつくぞ~』とからかわれた。

 鬼ごっこでは、いつも鬼。周りが途中で家に帰って放置された兄が、日が落ちるまで1人で鬼を続けとったこともあった。そんな兄をいじめるヤツらを俺がぶっ飛ばして、兄を助けたりもしたんや」

 だが、兄弟の立場は逆転する。野球の才能を見出された有は宮城の東北高校にスカウトされ、甲子園のスターとなった。

 一方、中学でサッカー部に入った翔容疑者は、有望選手と見られた時期もあったが、やがて挫折してしまう。高校進学を諦めて夜遊びを繰り返し、幾度も警察の厄介となる。インタビューで本誌記者が「兄との境遇の違いがそうさせたのか?」と訊くと、ムッとした表情でこう答えた。

「少年院や鑑別所でも同じこと言われたわ。『お前が不良になったのは偉大な兄貴と比べられて拗ねたからや』ってな。それは違う。俺は楽しいからそうしてるだけや。兄は関係ない」

 しかし「兄は自分のことを気に懸けていた」とも明かしていた。「19歳の時(2007年)に事件を起こして騒ぎになった頃のことや。プロとして大活躍していた兄と2人きりになった時、兄は『俺が野球やめたらいいんか?』と涙目で呟いたんや」

 兄が有名選手であるがゆえに、弟の行為が大きく取り沙汰されている──有はそう考えたのだろうか。それに対して翔容疑者は感情を露わにしたという。「俺は『そんなこと言わんといてくれよ!』と、初めて兄の前で泣いて詫びたんや」

 そう本誌取材に話していた翔容疑者の表情は真剣そのもので、その口調からは兄を誇りに思い、信頼する心情が痛いほど伝わってきた。

※週刊ポスト2015年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ワルを超えるワル」ダル弟帰省すると地元に夜間外出禁止令
ダル弟 起業し過去を反省も群がる黒い人脈を切れなかったか
高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。