体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

香港の治外法権ビルの奥深くにある完全会員制カレーレストラン / 秘密裏に会員カードを入手し潜入取材

hongkong-curry16

香港には、かつて治外法権とされる地域やビルがいくつかあったが、現在は重慶大厦(チョンキンマンション)を残すばかりとなった。事故、犯罪、絶命、ボッタクリ、あらゆる出来事が発生する重慶大厦は、まさにカオスの代名詞。

・、完全会員制のカレーレストラン
最近は普通の店舗もテナントとして入るなど健全化が進んでおり、以前ほどの危険度はないものの、それでも多くの人たちが何からのトラブルに巻き込まれる商業ビルとなっている。そんな重慶大厦の奥深くに、完全会員制のカレーレストラン『咖喱王』がある。

・インド人店員によるホスピタリティ
重慶大厦の1~2階には複数のインドカレー屋があるが、ほとんどがボッタクリ。市場価格の3~5倍の値段を支払わされるので、かなり慎重に店を選ばないと危険だ。だが『咖喱王』は適正な価格で本格的なカレーが楽しめるだけでなく、素晴らしいインド人店員によるホスピタリティを体験できるのだ。

・秘密裏に会員カードを入手
今回、取材班は特殊な交渉術によって秘密裏に会員カードを入手。重慶大厦の奥深くにある完全会員制カレーレストラン『咖喱王』に行ってみた。重慶大厦の治安は警備員やスタッフによって保たれているが、初めて行く女性は、一人ではなく二人かそれ以上の人数で行くべきだ。

・インド人のエンカウント率が高い
重慶大厦に入り、どんどん奥に進んで突き当りを右に曲がる。さらにどんどん進み、最初の曲がり角を右に曲がる。さらに進むと左手にEエレベーターがあるので、そこから7階までのぼる。途中、インド人のエンカウント率が高く、いろいろと話しかけられるが、ほぼボッタクリなのでかまわずにEエレベーターまで進もう。

・ビルの奥の奥に『咖喱王』
Eエレベーターをおりると、極めて狭いフロアに到着する。右側にはテナントホテル、正面左側にもテナントホテルがある。エレベーターから降りたら左側に進んで突き当りのドアに入らず、左を見ると、そこに完全会員制カレーレストラン『咖喱王』がある。

chungking-mansions12 hongkong-curry15 chungking-mansions10 hongkong-curry14 chungking-mansions13 hongkong-curry13 hongkong-curry12
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。