ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下呂温泉の秋観光にオススメ!紅葉&滝めぐり1泊2日プラン【岐阜】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本三名泉のひとつ下呂温泉。例年11月中旬に温泉寺の紅葉が見頃になり多くの人が訪れます。

今回は下呂温泉のライトアップ紅葉と自然いっぱいの滝紅葉を楽しむプランをご紹介!

下呂駅から温泉寺へは徒歩20分程度なのでのんびりと情緒たっぷりの温泉街を楽しんで。
宿でゆっくり過ごしたら、二日目は滝めぐりが楽しめる小坂エリアへ。

温泉街から車で40分でこんな穴場があるなんて!と感動すること間違いなしですよ!

情緒たっぷり!夜の下呂温泉を歩く

ライトアップされた下呂のメインストリート


温泉寺へと続く階段の近くは、街道の雰囲気が残る一帯
鷺の足湯は24時間利用が可能。ピリッと熱めのお湯が特徴
美肌の湯とも呼ばれる日本三名泉の下呂の湯を、宿のお風呂でのんびり堪能しよう!※写真は「水明館」

温泉寺


本堂の拝観は夜でも可能。期間中はミニコンサートも予定
足湯は一度に15人が入れる大きさ 老舗旅館「水明館」から寄付された情緒溢れる旅荘「掬水荘」も特別公開

本堂の裏手を真っ赤に染め上げるもみじ。木々の間は散策路になっている

紅葉の見頃:11月中旬

白鷺に化身し、下呂温泉の存在を知らせたといわれる薬師如来尊像を本尊とする寺院。11月7日(土)〜22日(日)のライトアップ期間中はお茶会も開催(不定休・お菓子付き300円)。 温泉寺(おんせんじ)
TEL/0576-25-2465
住所/下呂市湯之島
営業時間/紅葉ライトアップは上記期間中の日没〜21時
料金/拝観無料
アクセス/下呂駅から徒歩20分
駐車場/30台
「温泉寺」の詳細はこちら

小坂の滝

個性的な滝が大小200以上
水しぶきを浴びてひんやり。

公園の脇からは600mほどの滝見遊歩道が設置され、途中には円空ゆかりの不動明王が祀られている


当日のマイナスイオン数を掲示 滝見遊歩道を歩く

手軽に行ける三ツ滝

御嶽山からの溶岩や川の浸食によってできた滝が奥地まで点在。代表的な名所である三ツ滝は、がんだて公園から遊歩道で15分ほどとアクセスが良く、木々が色づく紅葉の10月も人気がある。 小坂(おさか)の滝
TEL/0576-62-2215(NPO法人飛騨小坂200滝)
住所/下呂市小坂町赤沼田811-1飛騨小坂ビジターセンター
駐車場/がんだて公園に40台
※滝めぐりのガイドツアーを随時開催(大人2000円・子ども1000円/11月30日まで/前日までに要予約)
「小坂の滝」の詳細はこちら

ひめしゃがの湯

溢れ出る大地の恵みを全身で体感!


ついつい長湯してしまう不思議な湯 飲泉は胃腸に良いとされる

サイダー泉と呼ばれる国内でも珍しい炭酸泉の温泉。湯の成分が濃厚で、タオルがうっすら染まってしまうほど!露天風呂のほか、内湯やレストラン、休憩室を併設。 ひめしゃがの湯
TEL/0576-62-3434
住所/下呂市小坂町落合1656
営業時間/10時〜21時(20時30分最終受付)
定休日/水曜日(祝日の場合は営業)
料金/大人650円・小学生300円
駐車場/100台
「ひめしゃがの湯」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ワイン好きの人大興奮!山梨・石和で楽しむ山梨ワインの旅プラン
海や高原がオレンジに染まる…眺めが最高!爽快貸切温泉10選【九州】
温泉もバイキングも!一日中楽しめる!九州の充実施設6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP