体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋愛心理学から読みとく男性の8つの行動の裏側

_000059071650_Medium

ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。

そんなあなたにこそ役に立つ!恋愛心理学の観点から、気になる男性の行動の裏側を8つまとめてみました。これをヒントに彼の本音を知ってみませんか?

01.
好きなタイプを聞いてくるのは
脈ありの直球サイン

_000054530480_Medium

「どんな人が好き?」という質問は、男性にとって自分は恋愛のストライクゾーンに入ってるかの確認の質問です。

彼女の恋愛話から自分と恋愛観を共有できるかのチェックもしています。あまりに具体的に答えすぎて男性をがっかりさせないようにしましょう。

02.
過去の恋愛話は
男性にとって武勇伝である

過去の恋愛話をするというのは、単純には自分ことを知ってほしいという気持ちに基づいた行動に見えます。しかし、恋愛心理学によると、この行動、自分はこんなすごい恋愛をしてきた!という自慢の気持ちが強いのです。

話を盛っているのでは?と思っても相槌を打つ程度に留めておいたほうが男性の気分を損ねず、よいといえるでしょう。

03.
将来の話は「あなた」との
将来とは限らない

000021738781_Medium

「子供が2人欲しい」…こんなことを言われたら、結婚を意識していると思ってしまいそうですが、男性は夢を語りたいもの。

単純にこうなったらいいな、という思いを口にだしてワクワクし、深くは考えていません。

ただし、このような話で女性がどんな反応をするかでカマをかけている場合もあるので、聞き流したり、現実的な否定の言葉を口に出すのは辞めておきましょう。

04.
告白されると
好きになってしまう

男性は単に「いいな」と思っている女性からでも告白されると、好きになってしまう傾向が強いと言われています。

古来より競争社会で生きる男性は、認められたい=愛されたいという、恋愛心理学でいうところの「承認欲求」が強いものです。

恋愛は、女性からアプローチすると意外と成功率が高いものです。

05.
メールの返信が
遅いのはあきらめよう

_000074179559_Medium

本当に脈がない場合はメールの返信が来ません。男性は一人の時間を大切にしたいもの。メールのやりとりもできるだけ簡潔にすませたいと思っています。

何度か続いたメールの返信が来なくなった場合は焦らずに待ってみましょう。

06.
他の女性に
目がいっても心配なし

キレイな女性が通りかかると目で追ってしまう男性に対し怒りをぶつける女性は少なくありません。その行動、男性としては頭よりも先に本能が動いた結果なのです。

目で追ったとしても、単に素敵だと思っているだけで、その人とどうにかなりたい!などと思っているわけではないので、男性とはそういうものだと明るく捉えるようにしましょう。

07.
記念日を本当に
忘れてしまっている

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。