ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者の海外勤務離れ 語学力不足を理由に避けるのは本末転倒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新入社員が海外勤務を忌避する傾向があることが、大学の調査でわかった。海外勤務はそんなにつまらないものだろうか。フリーライターの神田憲行氏が考える。

 * * *
 10月26日の日経新聞に気になる記事を見つけた。産業能率大学が実施した「第6回新入社員のグローバル意識調査」についてのものだ。この調査は同大学が3年に一度、インターネットを通じて新卒採用された18歳から26歳までを対象に、海外で働くことについての意識をアンケートしている。

 詳しいデータは同大学のホームページに掲載されているので興味のある人は見て欲しいが、そのなかの「注目データ」のひとつとして、こんなのが上がっていた。

・海外で働きたいとは思わない……63.7%

 これは2001年からの同調査で過去最高という。

 その昔は「3K職場」というのが嫌われた。「キツイ・危険・汚い」をローマ字表記したときの頭文字だ。それから逆に「新3K職場」つまり「企画・広報・国際」がもてはやされた。かつて若者の憧れの職場だった「海外勤務」がこれほど人気が無くなったことに驚く。

 この調査結果を海外で働くビジネスマンはどうみるのか。私の友人で海外駐在員のA氏はこの調査を見て、

「海外勤務したくない、というのはうちの会社でも増えていますね」

 と指摘した。彼は駐在員歴が20年以上、グローバル展開する日系企業に勤めている。

「うちの会社を志望する理由は海外で働きたいから、というのが昔からの定番だったのですが、今はもうそれが薄れています。うちの会社ですらそうなんだから、一般的に若い人の指向が海外に向いていないのはわかります」

 その上でA氏がクビをひねったのが、「海外で働きたくない理由」だった。調査のトップになったのが、

「自分の語学力に自信が無いから」……65.6%

「ちょっと他力本願みたいな印象があります。語学は学問ではなくてスキルなので、これを学校教育で身につけられると思っている時点で違和感があります。よく女性の方が語学力が高いという評価を聞きますが、これは語学力ではなく、それ以前の心構えが違うからだと思います。

 女性の方が好奇心や冒険心があり、それを達成するスキルとして語学を習得することに熱心なんですよ。それがたとえ『白人の彼氏が欲しい』というのでも、スキル習得の面からは立派な目標です。語学は飛び込んでいって実地で鍛える。それを学校で教えてもらえると思っている時点で心構えが変だと思います」

 一方で、学校での英語教育に疑問を投げかける同調査結果にも「違和感がある」という。

 学校での英語教育の能力向上について

・聞く「全く役に立たなかった」+「ほとんど役に立たなかった」……52.4%

・話す「全く役に立たなかった」+「ほとんど役に立たなかった」……64.1%

 A氏は、

「さっきの話とは逆説的に聞こえるかも知れませんが、私の場合、学校での英語の勉強、とくに受験勉強で行った系統だった文法の勉強が現在の英語力の基礎になっています」

 という。ちなみに今のA氏の社内公用語はほぼ英語だ。日本人同士のメールのやりとりも現地スタッフが閲覧する必要があるので英語で書くし、会議も英語で行われる。

「スキルとしての英語を筋肉と考えると、学校で勉強する英語は骨格のようなものなんです。文法が正しい英語を駆使できることで、より高度な英語環境や文献に対処できるようになる。仕事で英語を使う立場になると、明らかに学校教育で培った骨格が役に立っていることを再認識させられましたよ。文法という視点での比較では日本人の英語レベルは世界でも高い方だと思います」

 一方でこの調査で不思議なのが、「日本企業はもっとグローバル化を進めるべきか」という問いに対して73.4%の人が肯定的に回答している点だ。

「海外勤務は外国で働きたい、生活してみたいという好奇心や動機が先にあって、そのために語学というスキルを磨くのです。スキルがないので海外に行きたくないというのは本末転倒でしょう。それは海外で働く動機が生じない本当の原因を隠しているのではないか、とすら思えてきます」(A氏)

 駐在ではないが、私も20代の終わりにベトナムのホーチミン市で日本語教師として1年近く働いていた。初めて海外旅行をしたのが27歳で、3回目の海外旅行がベトナムへの「転職」だった。ベトナム語どころか英語もろくに話せなかったが、なんとかなった。

 当時のホーチミン市は日本人在留者が100人程度で、小さな日本食堂で将棋を指している相手が日本の商社の現地トップというのが普通にあった。下痢に日本製の何々という下剤止めが効くという情報をみんなで共有したり、連帯感もあった。

 短い期間だったにもかかわらずベトナム経験がその後の私の仕事観・人生観・日本観に大きな影響を与えたのは、それが「留学」ではなく、ある程度の社会経験を積んだ後に「働く」ことだったからだと思う。留学生のなかにはベトナムに思い入れが溜まるあまり、日本を全否定することに走ったり、逆にベトナム社会に反発する人もいた。

 ある留学生は毎月1回、高いホテルのバーで呑むことにしていた。自分が「ベトナム人とは違う」ということをわざわざ確認するために。日本に帰れば普通の大学生が、帝国ホテルのバーのようなところで呑むのはおかしいだろう。

 留学ではなく現地の人と一緒になって、助けたり助けられたりしながら働くと、日本とその国の良いところも悪いところも相対化して考えられるようになる。私がベトナムに行った動機は「外国で生活してみたい」という素朴で幼稚なものだったが、そんな動機、短い体験ですら得られたものは大きかった。海外で働くとは、人生のなかでレバレッジ効果が大きい体験だと思う。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国軍 ベトナム戦争で戦果を上げる勇猛部隊として知られた
ベトナム 50歳以上、年の差16歳以上の韓国男性との結婚禁止
中国株だけじゃない ネット証券各社が海外投資環境を拡充中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP