ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カネの切れ目が孫の切れ目」 70歳男性の同窓会で全員頷く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌・週刊ポスト前号で報じた「孫疲れ」特集は大反響を呼んだ。特に、編集部にかかってきた読者からの電話では、経済的な負担を訴える声が多かった。それでも孫のため、といわれると断りにくいのがシニアの辛いところだ。例えば孫と一緒の家族旅行では、「費用は祖父母が全額負担」が常識のようだ。

「年に数回、長男や長女に孫との旅行に誘われる。子供が旅行計画を立ててくれるのはいいが、ホテルを予約するのは私の役割。つまり私の名前で予約して、支払いは私ということ」

 と元公務員の男性(63歳)。だが、彼の悲劇はこれだけでは終わらない。

「毎年1回はスキー旅行にも行くが、孫たちはすぐに大きくなるから、毎年のようにスキーウエアを買い替えないといけない。孫に『じーじ、今着てるウエアがもう小さいの……』といわれると、嫌々ながらも買ってやるしかない。だけど、私が一緒にスキーに行けるのは1回だけで、子供家族はひと冬に4~5回は行っている。露骨に“買ってもらったら終わり”って感じです」(前出・元公務員)

 孫を前面に出されると、ついお金を出してしまうのが祖父母の悲しさか。

「息子や娘は『○○がピアノを始めたいっていってるの』とか『××が大きなテレビが欲しいってきかないの』と、いかにも孫がいっているような言い方でさりげなくお金を求めてくる。親が勝手にいっているとわかっていても、孫に会えなくなると困るから、ついつい『じゃあ、俺が買ってやるよ』といってしまう。自分の子供には厳しくしてきたのに、孫のことになるといいなりになってしまう自分が情けない……」(元会社役員70歳)

 孫のためのお金を「出させてあげている」といわんばかりの子供たち。その要求につい答えてしまう祖父母の葛藤は深い。

 だが、「こんなに援助してあげているのだから、自分が困った時には子供や孫が助けてくれるはず」と思うのは大間違いだと家族問題評論家の宮本まき子氏はバッサリ。

「息子・娘夫婦側は『孫育てをさせてやっている』『これは遺産の前渡し』くらいにしか思っていません。『息子・娘夫婦に支援するのは、将来体が動かなくなった時に介護をしてもらうための投資』みたいな話がありますが、お金を出したって『感謝の心』がなければ、介護なんてしませんよ」

 実際に元会社員男性(70歳)は、同窓会旅行でこんな切ない話を耳にした。

「最初はお互いの孫自慢で盛り上がっていたんですが、誰かがポツリと『カネの切れ目が孫の切れ目』と言い出して。たしかに、ウチの孫たちも以前はよく遊びに来ていたが、娘に『年金生活で余裕がなくて』とこぼしたとたん、ほとんど寄りつかなくなった。どこも似たり寄ったりなのか、『それは名言だ』と全員が頷いていた」

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お金を大事にする方法 「1円玉が落ちていたら拾う」人も
「金融機関の職員がグルです」と電話 新たな特殊詐欺の手口
検審判断を疑問視すると「小沢から金貰ってる」と言われる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP