ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マリー・アントワネットが現代にいたら!?シュールな“日常風景が話題に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
antoinette00

ボリュームたっぷりのロングドレスに大きなウィッグといえば、18世紀のヨーロッパ貴族女性の定番ファッションだ。

マリー・アントワネットに代表されるあのファッションで、もし現代の日常を暮らしてみたら?

antoinette01

そんなことを考えたのが、フランス人写真家のMarie-Astrid BerryさんとThibault Carronさん。

華美な衣装で町を歩くBerryさんを、Carronさんが撮影するというプロジェクトを実行した。

地下鉄で電車を待ち…。

antoinette04

バスの列に並び…。

antoinette02

ファストフードを頬張る!

antoinette07

もちろん、スーパーでお買い物も。

antoinette05

Carronさんがこんなプロジェクトを実行した理由は、周りの人を楽しませたかったこと、そして本や映画の中でしか知らない服を着て生活することで、現代の暮らしを改めて認識するためだという。

どちらにしろ、この服装で現代を生きるのは簡単ではなさそうだ…。

antoinette09

窮屈そうな衣装を忘れ、現代文明を楽しんでいる作品は、どれもユーモラス。

ぜひウェブサイトもチェックしてみて。

Thibault Carron
https://www.facebook.com/ThibaultCarron

ファッション(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。