ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Philipsがブルーライトカット機能を備えた新型スマートフォン「Sapphire S616」「Sapphire Life V787」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実は中国でスマートフォンを販売している家電メーカー Philips が、ブルーライトを軽減するディスプレイを備えた新型スマートフォン「Sapphire S616」「Sapphire Life V787」を発表しました。Sapphire S616 と Sapphire Life V787 は LTE をサポートしたデュアル SIM スマートフォンで、Android 5.1(Lollipop)を搭載しています。どちらも「SoftBlue」という機能を搭載しており、これにより無効時と比較して最大 86% のブルーライトを軽減できるとされています。Sapphire S616 は 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、1.3GHz 駆動の MediaTek MT6753 オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載しています。Sapphire Life V787 の仕様は S616 と一部共通しているものの、ディスプレイは 5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルと小さく、また、バッテリーは 5,000mAh も積んでいます。長時間使用できる点が売りです。どちらも 11 月に中国で発売される予定で、Sapphire S616 は 1,399 元(約 27,000 円)で販売されます。Sapphire Life V787 の価格は公開されていません。Source : Phone Radar

■関連記事
HTC One(M8) GPEのAndroid 6.0アップデートで若干の遅れが発生
日本郵便、年賀状作成アプリ「はがきデザインキット 2016年版」をリリース、宛名スキャン機能が追加
Xiaomi Redmi Note 2 Proのバックカバー写真が流出、金属質感あふれる外観

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP