体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲んで学んで内定ゲット!? 有名企業内定者を輩出する、京都の就活生が集う居酒屋とは

f:id:mesitsu_la:20150930191519j:plain

突然ですが、あなたはどんな学生時代を過ごしてきましたか。

京都市内、嵐電の白梅町駅からすぐ近く、一条通商店街(通称妖怪ストリート)の中にある「猿基地(さるきち)」という呑み屋には「もうこれ絶対全力で青春じゃん!」がギッシリと詰まっています。

就活相談、恋バナ、焼酎、音楽、漫画、駄菓子、ガンダム、スラムダンク……。

 猿基地は楽しいことを全部やってる一風変わった呑み屋……というよりほとんどみんなの溜まり場で、ここでは近くにある立命館大学へ通う学生たちが集まってきては、夜な夜な店主と熱く語り、人生の悩みを打ち明け合い、恋に落ちたり破れたり、ここからメジャーデビューするアーティストが生まれたり、案の定飲み過ぎて酔いつぶれたりなど、数々の青春が繰り広げられています。

かくいう私、ライターmamitaも、学生時代にはこちらのお店で大変お世話になりました。さきほどの写真はカウンターで恋愛トークで盛り上がる男性陣です(内容はご想像にお任せします)。

店主の光城(みつしろ)さんは学生たちの良き兄貴分として、美味しいお酒とその日の気まぐれご飯、就活のアドバイス、それに人生の楽しみ方のアイディアなど、いろんなことを提供しています。

いろいろと盛りだくさんすぎて、このお店のどこからどんなふうに紹介すればいいのかわからないので、ひとまずグルメ情報サイトとしてお食事からご紹介させて頂きます。

メニューに載ってるご飯がほとんど無かった

メニューを見ながら注文しようとしたら、

ごめん、今メニューに載ってるのほぼやってないんですよ。メニューを改変しようと思ってて…。何が食べたいですか?

と店主の光城さん。

「えーっと、何あります?」

と伺うと

「今日はどろ煮とか…」

「ど、どろ煮…?」

「牛スジをものすごく煮込んでドロドロにしてニンニクをブチ込んだやつです。」

ほほう…。

他所のお店ではあんまり食べられないものを出す! というのが光城さんのモットーだそうです。

f:id:mesitsu_la:20150930191508j:plain牛スジどろ煮 単品550円(ご飯付き680円)

そしてこちらが出てきたどろ煮。ドロドロ、というかトロットロに煮込まれた牛スジが柔らかく、ニンニクのパンチが効いていています。お野菜もたっぷりで、少々お行儀は悪いですが、一緒に頼んだ白米にぶっかけて食べるとガツガツいけてしまいます。

f:id:mesitsu_la:20150930191509j:plain塩麹鶏丼 680円

もう一品。自家製塩麹の鶏丼(塩麹は自家製です!とアピールする光城さん)。

パリっと焼かれた皮が香ばしくてジューシー。こちらも丼にして頂きました。

お肉だけの単品もできるので、お酒のアテにぴったりです。

f:id:mesitsu_la:20150930191514j:plainイカ飯 450円
1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。