ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アウトドアやウインタースポーツに!耳に付けられる新型トランシーバー「BONX」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グローバルギア開発をめざすハードウェアスタートアップ「チケイ」による第1弾プロダクト「BONX」が、クラウドファンディングで人気を集めている。

10月21日時点で780万円の支援を達成。サポーターは480人を突破した。

立ち上がりから5日で750万円を突破したのは、日本国内のIoTハードウェア分野において、最速のペースだという。

そこまで注目される「BONX」とは、一体どんな製品なのか。その正体は、ウェアラブルトランシーバー。野外使用時の自由度を圧倒的に高める、革新的なプロダクトだ。

・アウトドアに最適化したタフなテクノロジー

「BONX」は、Bluetoothデュアルモードによって、専用スマホアプリと接続される。スマートフォンのデータ通信を使って、インターネット経由で音声をやりとりする仕組みだ。

よって通信距離の制限は一切ない。さらに、独自通信プロトコルが、電波の弱い環境での切断や遅延を抑制する。

10人同時通話も可能。デュアルマイク搭載で、マルチレイヤーでの騒音・風切り音対策による音声もクリア。

水や衝撃に強く、快適な装着性であるともに耐久性も実現。Push-To-Talkモードや会話中の音楽再生など、特筆すべき機能が満載である。

・発想次第で楽しみ方は無限大

操作は、いたって簡単。特別な技術も不要。まるで隣にいるかのように、仲間と会話ができるという、これまでにない斬新な体験を提供。

アウトドアやウインタースポーツはもちろん、飲食店や現場作業等の業務シーンなどでの活用が期待できる。

プロジェクトは「GREENFUNDING by T-SITE」にて、12月11日まで公開中。支援は、早期割引セット9800円から受け付けている。

BONX/GREENFUNDING by T-SITE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP