ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この子のAIが欲しい!1位はローラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


AI(人工知能)が恋人になる――そんな夢物語が現実になりつつある。象徴的だったのは、8月に登場したLINEアカウント「女子高生AIりんな」。あまりに自然な会話ぶりから、恋に落ちるユーザーが続出。ストレートに告白したり、りんなを落とすために試行錯誤する様子がネット上にあふれたのは記憶に新しい。こうなると、「もし、あの女性芸能人がAI化して、毎日おしゃべりできたら…」なんて妄想してしまうのが、男の性(さが)というもの。では、AIとなり24時間好きな時に話せるようになったら、ぜひ会話してみたいと思うのは誰なのか? バラエティなどでトーク力に定評のある20代女性タレントのうち、誰と話してみたいか、20~30代独身男性会社員200人にアンケートを行った。

【もっと大きな画像や図表を見る】

〈AIだとしても会話してみたい女性芸能人TOP10〉
(13人から1~2位を選択してもらい、1位=2pt、2位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ)
1位 ローラ 114pt
2位 小島瑠璃子 85pt
3位 指原莉乃(HKT48) 76pt
4位 百田夏菜子(ももいろクローバーZ) 45pt
5位 小嶋陽菜(AKB48) 43pt
6位 高橋みなみ(AKB48) 41pt
7位 鈴木奈々 36pt
8位 横山由依(AKB48) 32pt
9位 菊地亜美 20pt
10位 嗣永桃子 14pt

独特の口調で繰り出す賢い切り返しが魅力のローラが頭一つ抜け出て1位に。スポーツニュース番組『S☆1』での明るいインタビューが印象的な小島瑠璃子が2位につけた。彼女たちがAIになってほしい理由やしてみたい会話は以下の通り。

【1位 ローラ】
「そのテンションがどんなのか気になるから」(31歳)
「失礼だとは思うが、本人がAIではないかと感じる支離滅裂さがあるから」(39歳)
「人間味があって、天然だけど計算高いところもかわいいし、ちょっと親密な内容も話せそう」(26歳)
「頭がよく、話していて飽きない」(26歳)
「声が面白い」(29歳)

【2位 小島瑠璃子】
「ものすごく印象のいいタレントなので」(36歳)
「リアクションに人間味がある」(36歳)
「好きだから。どんな男性が好きか?自分のことを好きになってくれるか聞いてみたい」(34歳)
「機転の良さが凄く光っているから」(32歳)
「無口な自分でも話が弾みそう」(30歳)
「スポーツ好きだから」(28歳)

【3位 指原莉乃(HKT48)】
「若いのにいろいろなことを知っていて、是非自分の悩み事を相談してみたいから」(30歳)
「図太い神経を持ってると思うから」(29歳)
「なんでアイドルになろうと思ったのか」(36歳)
「おじさんに好かれているから」(30歳)
「仲のいいメンバとのエピソード」(31歳)

【4位 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)】
「リアクションが大きくてとてもいいと思います」(31歳)
「会話していて楽しそうだから」(38歳)
「どんだけバカなのかサシで話して実感したい」(29歳)
「なんとなく人工知能でも話せそうな気がするから」(30歳)

【5位 小嶋陽菜(AKB48)】
「お風呂に入ってますか?」(31歳)
「休日は何をしていますか」(27歳)
「見ているだけで幸せになれそうなので」(34歳)
「何を話すか興味ある」(35歳)
「天然」(39歳)

親密な会話をしたいという声が数多く集まったなかで、3位の指原莉乃については「相談したい」など、比較的な真面目な話をしたいと思う人が多かったのが印象的だ。

また、おバカキャラで売っている7位の鈴木奈々に対しては、「テレビではバカっぽくふるまっているが、結構『計算して』トークしていると思うから」(25歳)、「テレビ通りの人なのか実際に会って、確かめたいから」(26歳)と、その独特なキャラの作りこみ具合を知りたいという声が集まった。

テレビなどを通して知るキャラクターとどう違うのかはわからないが、AIでもいいから話してみたい彼女たち。誰かAI化してくれないですかね…。

(田中 薫)
(R25編集部)

この子のAIが欲しい!1位はローラはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

女子高生AI「りんな」がLINEで大人気
篠崎AI構想「肉体も再現希望」の声
「将来はママタレ」な芸能人1位は?
人工知能「人」への完成度は30%
「ナミ役」一番似合うのは佐々木希

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP