ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加齢で繰り返す帯状疱疹 水痘ワクチン接種で予防効果に期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ほとんどの人は、小児期に水ぼうそうにかかる。原因は水痘(すいとう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスの感染で、全身に水疱(みずぶくれ)ができるが、重症化することなく2週間ほどで治る。その後、ウイルスは脊髄の知覚神経の根元に潜むが、免疫ができているため、発疹を生じるほどには増殖しない。しかし、加齢やストレス、病気などで身体全体の免疫が落ちたうえ、水痘・帯状疱疹ウイルスの免疫も低下すると発症する。

 中野皮膚科クリニック(東京都中野区)の松尾光馬院長に話を聞いた。

「帯状疱疹は、暑い季節に多く、冬になると減ります。冬は水ぼうそうが多いので、感染した子供に接することで免疫が活性化し、発症が減ると考えられます。子供と年間4000時間以上接した人は、帯状疱疹が少ないというデータもあります。発症のピークは50代以上で、高齢になるにしたがい増えます。発疹が治っても痛みが長く残るなど重症化する方もいます」

 帯状疱疹は、神経節で増殖したウイルスが炎症をともないながら神経をつたい皮膚へと到達する。急性期は強い痛みが起こり、何日か後に痛みのある場所に赤く盛り上がった発疹が現われ帯状に広がる。症状は身体の左右、どちらかに生じ、特に顔面の三叉神経第1枝(額)や胸腹部など体幹部での発症が多い。

 急性期の治療は、抗ウイルス薬で、早めに治療を始める。早期の治療開始で、治療期間の短縮も可能だ。痛みに関しては、初期は炎症によるものなので、ステロイドや一般的な鎮痛薬で行なう。帯状疱疹は、ウイルスが神経を壊しながら進展する。神経の修復はある程度なされるが、破壊がひどい場合は元には戻らない。

 洋服が触れても痛いなどと表現されるような痛みは、神経の破壊による帯状疱疹後神経痛(神経障害性疼痛)の特徴だ。60代以上では、患者の10%に3か月以上の痛みが残り、5~10年以上も強い痛みに悩まされる人もいる。

「この痛みには、急性期に使用する一般的な鎮痛剤は効きません。帯状疱疹後神経痛では、痛みの性質や程度によって薬を変えなければ、痛みは解消できません。プレガバリン(リリカ=神経障害性痛治療薬)や抗うつ薬、抗てんかん薬、オピオイドなどの医療用麻薬を組み合わせることが大切です」(松尾院長)

 2014年10月、日本で小児を対象に水痘ワクチンの定期接種が始まった。これは水痘・帯状疱疹ウイルスから作った弱い株をワクチンとして接種して免疫を作る。しかし、ワクチン接種者が増えることで、帯状疱疹患者も増えるのではないかと危惧されており、すでにアメリカでは、その傾向が表われている。

 近年、日本でも帯状疱疹の発症や重症化を防ぐ目的で、大人を対象に水ぼうそうワクチンを接種する自費診療が始まっている。痛みはQOL(生活の質)を低下させるので、免疫を落とさない日々の生活が帯状疱疹予防の第一だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
子宮頸がんワクチン 性交渉していない10代、20代女性が対象
「単なる風邪」と放置すると心臓弁膜症発症し死に至ることも
船越英一郎も罹った「顔面マヒ」はストレスが引き金に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP