ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

繁華街でキャリーケースを転がす若い女子が増殖した背景とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、街やターミナル駅でキャリーケースを転がす若い女性が増えている。明らかに旅人とは違う雰囲気の彼女たちは、なぜわざわざキャリーケースを持ち歩くのか。キャリーケースのヘビーユーザーでもある地下アイドルでライターの姫乃たま氏が、キャリーケース女子の生態をリポートする。

 * * *
 先日、酒に酔っておおらかな気持ちになり、タクシーのトランクに大型キャリーケースを預けたまま降車してしまいました。気がついた時には後の祭り。領収書を受け取っていなかったため、一晩明けても所在がつかめず、交番で遺失届を提出したのち、為す術もなく呆然とTwitterを眺めていたところ、タクシー会社の方から失くしたキャリーケースの画像が送られてきたのです! 私は驚きと喜びの中で、いつの間にかキャリーケースなしでは生活できなくなっていることに気が付きました。

 近年、街でキャリーケースを転がす若い女性が目に付きます。無機質なデザインで、出張や旅行の際に使われる印象が強く、時にシルバーカーとも混同されていたキャリーケースを、いつしか若い女性が楽しげに使用するようになりました。旅行者には見えない彼女たちは、何者で、どこへ向かっていて、キャリーケースの中には何が詰まっているのでしょう。

 まず私のこと。私の職業は地下アイドルです。仕事はもっぱら電車移動で、衣装や物販のグッズはキャリーケースに詰め込んで自分で運んでいます。私だけでなく、ほとんどの地下アイドルにとって、キャリーケースは必需品です。

 地下アイドルファンの中には、キャリーケースを転がしている女の子を見ると、どこのライブハウスに出演しているのか想像せずにはいられないという人もいます。私も職業柄、街でキャリーケースを転がしている女の子を見ると、雰囲気で地下アイドルか、そうでないかわかります。後からライブハウスで再会して、胸の中で「やっぱり!」と、思うこともあります。

 では、地下アイドルみたいだけれど、そうでない子達は、一体何者なのでしょう。

 キャリーケースを転がす女の子が多いのは、圧倒的に新宿、渋谷、池袋です。新宿でキャリーケースを転がしている、地下アイドルではなさそうな女の子に付いていくと、ライブハウスにたどり着きました。しかし、彼女達は出演者ではなく、観客だったのです。

 新宿には、地下アイドルが頻繁に出演するライブハウスのほかに、ヴィジュアル系バンド専門のライブハウスも存在します。そこに足繁く通う女の子達もまた、キャリーケースを転がしているのでした。彼女達に聞いてみると、中には衣装やメイク道具が入っていると言います。

 ヴィジュアル系バンドのライブでは、観客の女の子が、その時期に合わせたコスプレをする風習があり、ほかにも好きなミュージシャンの好きなアニメキャラや、本人の衣装のコスプレをする女の子もいるそうです。

 これに準じて、彼女達の中にはコスプレやアニメを好きな女の子も多く、グッズを買いに行く日は、まず持ちきれないという理由で、次に人目に付かないように持ち帰りたいという理由から、キャリーケースを使用しているそうです。

 彼女達にキャリーケースを定着させたのは、人気ファッションブランド「LIZ LISA」であると考えられます。ピンクを中心とした生地に、花柄やリボン、フリルを多用するLIZ LISAは、地下アイドルにも、ヴィジュアル系バンドのファンにも、アニメ好きな女の子にも、共通してフォロワーの多いブランドです。

 当ブランドでは2005年頃より、福袋の入れ物としてキャリーケースを採用しており、中身の衣類込みで、1万円台で購入できる手軽さと、従来のキャリーケースには珍しい、ピンク、レース、大きなリボンを仕様したデザインで、若い女性がキャリーケースを手にする機会をつくってきました。

 現在、カバン業界でも、若い女性間のキャリーケースブームは認識されているそうで、女性向けにデザインされたキャリーケースが増えてきています。

 私も例に漏れず、地下アイドルとして活動を始めた7年前は、LIZ LISAのキャリーケースを使用していました。新人の地下アイドルが集まるライブの楽屋に、LIZ LISAのキャリーケースが何台も並んでいたのを覚えています。地下アイドルはライブの回数が多く、月に2、30本出演する子も珍しくないため、キャリーケースが壊れやすく、頻繁に買い換えなければなりません。また、LIZ LISAのキャリーケースは、福袋で年に一度、新作が発売されるのも、地下アイドルに人気の秘訣でしょう。

 現在は活動初期と比べて、物販の量が増えました。特に書籍を出版してからは、旅行用のシンプルで頑丈なキャリーケースを使用しています。先日、キャリーケースをなくして本当に困りました。物販を収納しきれるほど大きな手持ち鞄はなく、あったとしても5分と持ち上げられません。周囲の地下アイドルの方々も、活動が長くなるにつれ、旅行用のキャリーケースを使用する人が増えています。

 時々、背後を気にせず、人混みでごろごろとキャリーケースを連れている女の子も見かけますが、あれは可愛らしいデザインのキャリーケースに二輪タイプの製品が多いためです。日常は振り返らず、夢や、好きなミュージシャンや、アニメキャラをまっすぐ追いかけている最中なので、大めに見て……もらえないですよね……。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地下アイドル好き女性が女性なのにアイドル応援する感覚語る
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP