ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

売れると評判の小泉今日子書評連載 オファー段階でプロ意識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小泉今日子(49才)が書いた書評本は、翌日から飛ぶように売れる――そんな伝説ができるほど、いつのまにかキョンキョンは本好きの間でも“アイドル”になっていた。

 毎週日曜、読売新聞の読書面の書評コーナー。執筆する読書委員は、作家や文芸評論家、大学の文学部教授などがほとんどだ。その中で2005年、女優・歌手という異色の存在ながら、読書委員に抜擢されたのが小泉だった。

 大半の委員は任期の2年間で交代する。ところが、書評でも多くのファンを獲得してきた小泉は昨年まで、異例の長さといえる「5期10年」も委員をつとめてきた。10月末、そうした書評のなかから97冊分を収録した『小泉今日子書評集』(中央公論新社)が上梓され、話題を呼んでいる。

 小泉に読書委員を依頼した読売新聞文化部編集委員の鵜飼哲夫さんが振り返る。

「ベストセラーになった小泉さんの自伝的なエッセイ集『パンダのanan』(1997年)を読んで、おもしろい文章を書くかただなと思っていたところ、たまたまテレビドラマの取材で小泉さんとお会いする機会がありました。丁寧に言葉を選んで会話されるところが印象的で、ぜひ一緒に仕事をしたいと思ったんです。

 そこで彼女の恩師であり、私が連載小説を担当したテレビ演出家の久世光彦さんに相談すると一緒に会ってくださった。小泉さんに読書委員をお願いすると、『私の原稿がダメだったらボツにしますか』と言う。まさか、いきなりボツにはしない、書き直しはしてもらうと話しても、『ボツにしますか』と一点張り。

 そこで久世さんから『キョンは若い頃から大人の世界で生きてきて、甘やかされるのが嫌い。ボツは“対等に仕事をしたい”という合図。ボツにすると言えばキョンは受けるよ』と助言された。それで私がボツにすると言うと、彼女の手が伸び、握手しました」

 もともと彼女の読書家の一面は知られていた。アイドル歌手としてデビューして高校を中退すると、学校を辞めたことがコンプレックスにならないように、楽屋ではいつも本を開いていた。小泉がまだ20代前半の頃、歌番組『ザ・ベストテン』収録休憩中、司会の黒柳徹子に「あなたがそういう本に興味を持たれることは素敵なことです」と声をかけられたこともあった。

 最近も月に小説5冊、エッセイ3~4冊を読破。読書委員としては、2週間に1度の読書委員会に都合のつく限り参加し、書評を担当する本を決め、1年に10本ほどの書評を発表してきた。

「締め切りギリギリまで3~4度も書き直してもらったことがありました。忙しい中、委員会には自分で車を運転し、スッピンでいらっしゃることもしばしば。別の日には、委員会の後、作家や教授と文学談義でお酒を酌み交わし、カラオケでは自分の歌を披露して他の委員のかたがたを楽しませていました」

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
細川氏出馬宣言に自民党色の緑ネクタイで臨んだ小泉氏の真意
宮藤官九郎作詞『あまちゃん』歌 小泉今日子思い5分で完成
NHK紅白で『あまちゃん』企画進む 小泉今日子歌う可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP