ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学生を遊ばせている「名ばかり大学」より、開き直った「就職予備校」の方が社会の役に立つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学の授業よりも「就活」の方が成長できると書いた前々回の記事に対しては、「大学は就職予備校ではない。研究機関だ!」という批判をだいぶいただきました。確かに大学の中には、研究機関として実績を挙げているところも存在します。

しかし、中堅から下位の大学ともなると、とても研究機関などと言える状態ではないのが現実でしょう。高校どころか中学レベルの学力すら危ない学生もおり、所属している教授や職員は認めないでしょうが、そんな大学で研究などできるわけもありません。(文:河合浩司)
「小学校の算数レベル」を教える大学職員

先日、毎日放送がウェブ上に掲載した「急増!大学中退に究極の対策『辞めるなら来るな』」という動画を見ました(現在は配信終了)。登場する大学職員は、学生の学力があまりにも低いので、なんと「小学校レベルの算数のケアをしている」と言っています。

学力が低い大学の職員方の苦悩が見て取れる動画ですが、こうなってくると、もはや高等教育を施す「大学」の姿ではありません。

このような学生を排除するためには、本来は「学力」で入学時に選別をすべきですが、選別をしすぎると学生が残らなくなってしまいます。企業でいう「売り上げ」(授業料収入や補助金)を自ら大幅に下げる手段はとても取れないのです。

もちろん、大学も努力しているとは聞きます。「革新的な授業をしている教員がいる」と聞いて見学に行ったこともありますが、授業が終わった後、学生たちに「どうしてこの授業を選んだの?」と聞くと、「先輩から単位が取りやすいと聞いて」という答えが返ってきました。

変わった授業をしただけで、教育効果がいきなり変わることはないのだと思い知らされました。この大学の学生が弊社の筆記試験を受けにも来てくれていますが、学力の低さは相変わらずです。
研究成果がないから「就職内定率」をアピール

このごろ電車に乗っていると、大学のオープンキャンパスの広告を見かけます。学園祭の宣伝と共に、高校生や保護者にアピールするものです。広告には「就職に強い!」「就職には○○大学」「就職に自信あり」などという文言が書かれています。

これらを見ると「あぁ、この大学も職業訓練校であることを自分から言うんだなぁ」とつい思ってしまいます。

研究機関として実績のある大学であれば、その内容を宣伝できます。しかし、基礎学力が崩壊している大学は、研究の実績など掲げられるはずもありません。それでも集客のためには何かを打ち出す必要があるので、苦肉の策として「就職内定率」などという切り口に頼らざるをえなくなります。

私たち採用担当者は、そのような大学から学生を採用する際に「大卒だから高度な知識を身に付けているだろう」とは考えていません。「高卒よりも採用しやすいから」という理由で採用しているに過ぎないのです。

とはいえ、学生集めのために開き直って入学後のケアを売りにする「就職予備校」「職業訓練校」的な大学の方が、学生を遊ばせているだけなのに研究機関を名乗る「名ばかり大学」よりも、社会の役に立っているといえます。
せめて「読み・書き・四則計算」くらいは教えて

以上、ある種の大学においては研究をする振りをするよりも、「就活」に向けた努力を地道にした方がよいという考えが、お分かりいただけたのではないでしょうか。中堅下位校であれば、1年時から長期のインターシップに入ってもいいはずです。複数の現場で働きながら仕事を覚えれば、自分の特性や企業との相性も分かってきます。

授業では社会人生活に欠かせない基本的な「読み・書き・四則計算(中学生レベル)」を訓練するほか、インターン先の企業に提案できることを考えたり、営業や接客などの研修をしたりすることも有益でしょう。「かなり多くの大学生は、もう学究の徒などとはいえない」という現実を見据えた対策をすべきです。

あわせてよみたい:企業が「大卒」を採用条件にする理由
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP