ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刑務所よりも狭い香港の激安ホテルに泊まってみた / 重慶大厦(チョンキンマンション)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香港には、インターナショナルレベルのハイクラスなホテルがある。美味しいグルメを味わい、美しい風景を堪能し、快適なホテルで癒やされる。特に香港では『Wホテル』が人気のようだ。香港の正しい楽しみ方に快適なホテルは重要なのだ。

・重慶大厦は巨大商業施設
しかし「激安」を求めている旅行者がいるのも事実。そんな人は重慶大厦(チョンキンマンション)のホテルに泊まるといい。重慶大厦は巨大商業施設で、尖沙咀(チムサーチョイ)にあり、複数の激安ホテルがテナントとして入っている。

・世界一狭いホテルもここにある
重慶大厦にあるホテルは「寝るだけ」を目的とした旅行者に最適で、日本のカプセルホテルを除けば、おそらく世界一狭いホテルもここにある。1泊2500~3500円ほどで、部屋はベッドが置いてあるだけで、机や椅子を置くスペースはない。たって歩くのも窮屈で、まさに寝るだけ。幸いにもトイレとシャワーはある(共同シャワーの場合もあり)。

・エレベーターの利用者が多い
激安ホテルの多くは重慶大厦の高層階にありエレベーターで移動するのだが、あまりにもエレベーターの利用者が多いため、エレベーターに並んでからホテルに到着するまで30分かかる場合もある。なかには、16階まであがってから階段で17階にあがらないと行けないホテルもある。

・なかには高級ホテルもある
ただし、重慶大厦は立地的にとても良い場所で、日本でたとえると新宿や渋谷に泊まっているようなもの。なかには高級ホテルもあり、1万円や2万円以上のリッチな部屋もある。

・大半がボッタクリ価格
ここに泊まる場合、ひとつだけ注意が必要だ。重慶大厦の1~2階には多数のインド料理屋があるが、大半がボッタクリ価格。どうしても食べたい場合は注文前に価格を聞くことを忘れてはならない。良心的な店は、料理の値段が最初から書かれている。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://main-dish.com/2015/11/01/chungking-mansions/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP