ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】みんな「黒歴史」って言葉使いまくってるけど広まった理由を知ってるわけ? 黒歴史の歴史を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネット上、雑誌、小説、テレビ、日常会話、あらゆるところで使われている「黒歴史」(くろれきし)という言葉。その意味は「なかったことにしたい過去の出来事」「隠しておきたい過去の出来事」「あまりにも酷い過去の出来事」。

・黒歴史という言葉が日本で広まった理由
皆さんも、「中学のときのアレは黒歴史だわ~」や「あれは黒歴史だから言わんといて!」などと、黒歴史という言葉を日常的に使っているのではないだろうか? しかし、黒歴史という言葉が日本で広まった理由を知るものは限りなく少ない。

・ネガティブな歴史という意味
試しに周囲にいる人に、黒歴史がどうして使われるようになったか聞いてみよう。おそらく、黒歴史という言葉が日本で広く使われるようになった理由を知る人は少ないだろう。ほとんどの人は、なんとなく「黒い=ダーク=闇」というイメージから、ネガティブな歴史という意味で使っているはずだ。

・アニメが生んだ言葉
黒歴史は、名作アニメーション作品『∀ガンダム』(ターンエーガンダム)で使われたことで広まった、ガンダム由来の言葉なのである。

・「忌まわしき過去」と認識
とてもシンプルかつ簡単に説明する。『∀ガンダム』は、時系列でいうと、今まで放送されてきたすべてのガンダム作品の未来にある作品であり、いままでのガンダム作品内で語られてきた戦争や争いを否定する物語となっている。『∀ガンダム』の世界では、それらの過去の出来事を「黒歴史」と呼んでおり「忌まわしき過去」と認識されている。

・老若男女が普通に使う言葉
『∀ガンダム』の放送当時は作品のファンや一部の人しか使っていなかったが、どんどんアニメに興味がない人も使うようになっていき、いま現在は老若男女が普通に使う言葉として定着している。

・ダークヒストリーという言葉
ちなみに、欧米にも黒歴史という言葉は「ブラックヒストリー」として存在するが、黒人たちの歴史という意味が強い。よって、ダークヒストリーという言葉を使用するケースが多い。

・作品内でダメなガンダム作品をディスった?
ちなみに、『∀ガンダム』にはこんな話もある。富野由悠季監督が「自分の作品じゃないダメなガンダム作品」に腹が立ち、すべてをなかったことにするため、黒歴史ということにして作品に落とし込んだという話だ。それが本当なら、作品内でダメなガンダム作品をディスったわけである(自分の作品も含め)。

https://youtu.be/QVFUl-Z2LzQ

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/31/black-history/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP