ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コレさえあればOK!海外へ行くときの両替で得する方法とは[PR]

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

これまでに2つの記事でマネパカードの作成手順や現地での使い方を紹介してきました。 実際に香港・マカオで使ってみてのレポートは「カード決済も現地通貨も!香港・マカオでマネパカードを使ってみた」に公開していますが、「手軽に安全に使えるのはわかったけれど、実際は両替レートがお得って本当なの?」「具体的にはどのくらいお得なの?」という疑問にお答えします!

前回までの記事でお伝えしている通り、筆者が週末海外で香港へ行った際にマネパカードへチャージした金額は日本円で3万円。このときは「1万円=約640香港ドル(3万円=1,921.59香港ドル)」でした。

「日本円から香港ドルへの両替ならば香港へ行ってからのほうがお得」というのは知っていたものの、出発前に時間があったので、羽田空港国際線ターミナル内の両替所へも立ち寄ってみました。

すると受付のおじさんに「どうしてもすぐに必要ですか? ここは本当にレートが悪いので、せめて空港でもいいから現地をオススメしますよ!」と言われました。その際のレートは驚きの「1万円=約560香港ドル」。なんと、わずか1万円の両替で、マネパカードと「約100香港ドル=1,500円」の差が出てしまっていたのです。(※1円=15香港ドルとして計算)

香港に到着後、空港内で見つけた両替所は「1万円=613香港ドル」! 羽田空港に比べるとだいぶお得になりましたが、仮に5万円両替したとすると、マネパカードとの差はおよそ「135香港ドル=2,000円」です(※1円=15香港ドルとして計算) 。

「たった135香港ドル?」と思われるかもしれませんが、例えば香港の地下鉄は4.5香港ドルで乗車が可能です。他にも露天でのお買い物やちょっとした食べ歩きなど、この差額だけでもできることはたくさんあります。何気ない両替でも、気が付かないうちに意外とそれなりの金額を損してしまう可能性もあるんですね。

こちらは香港ではかなりレートがいいと有名な重慶大厦(チョンキンマンション)。両替目的でわざわざここまでやってくる人も多いのだとか。知る人ぞ知る良レートスポットではありますが、建物内の両替所を筆者が見て回った限りだと、この時期の最高レートは「1万円=644香港ドル」でした。 日本で両替しておきながら、このお得なレートにかなり近い数字を叩き出したマネパカード…! おそるべしです。

さらに、マカオで発見したカジノ内の両替所では「1万円=618香港ドル」で、ここでもマネパカードの圧勝です。テーブルゲームだと、ミニマムベットで「300香港ドル=約4,500円」ほどかかってくるカジノでは、両替する金額も自然と大きくなるのではないでしょうか。

実は筆者は過去に思っていたよりも熱中してしまい(負けてしまい)、急遽追加の香港ドルが必要になり両替所へ…。なんてことがあったのですが、今振り返るとマネパカードを使っていないだけで、かなりもったいないことをしていたと気が付きました。

あらかじめ多めに日本円を振り込みしておき、必要ならばそのタイミングで香港ドルに両替。そしてマネパカードにチャージをしてATMで引き出す、という流れが使用金額も把握できて、お得だと思います。

筆者は現地にて、両替レートの違いなどを自分の目で確かめたので、マネパカードのお得さを理解することができましたが、日本にいる間はなかなかイメージがつきませんよね。そんな方にぜひ試していただきたいのが、マネパカードの公式サイトにある手数料比較シミュレーターです。

使用予定通貨を選択後、旅の間に使うと予想される金額を入力し、支払い方法を「クレジットカード」「銀行で両替し現金」「マネパカード」から選んでみてください。実際にどのくらい差があるのかを簡単に知ることができます。

余談ではありますが、私が香港・マカオへ出かけたタイミングで台風が直撃。1泊したマカオのホテルで、次の日のフェリーが動くのか微妙な状況に…。もし動かない場合でも何とかして中国本土から向かわなければ、帰国便には間に合わないというハプニングが起こったのです。

幸いなことに、フェリーは荒波の中を大きく揺れながらも無事に香港へ向かってくれたものの、香港国際空港の飛行機は大半が長時間の遅れとなっており、最後までドタバタの週末海外となりました。ただ、こんな緊急事態の中でも「現金はいつでも引き出せるのだから、ひとまずお金で解決できることなら心配ない!」と思えたのはとても心強かったです。

クレジットカード派の人も、いつも現金払いにしている人も、ぜひ一度マネパカードを持ってみることをオススメします。 ついつい緩みがちな海外での財布のヒモ。マネパカードの決済で、リアルタイム残高を確認しつつ管理できれば「帰国後にクレジットカードの引き落としがピンチ!」なんて事態も防げるのではないでしょうか。

メインカードでも、サブカードでも、自分に合った使い方ができるマネパカード。 旅をより楽しむアイテムとして、ぜひチェックを! 

本記事は(株)マネーパートナーズさまのご協力により作成したタイアップ記事です。(タイアップ記事についてのお問い合わせは、(株)ワンダーラストまで)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP