ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田舎で培った純朴さを少女はいつまで保ち続けられるのか【横浜市立大学・田中千尋ちゃん】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

田舎から都会に出てくる少女たち。それまで、長い間培ってきた純朴さを人はいつ忘れてしまうのだろうか。

横浜市立大学で行われるミスYCUコンテスト・ファイナリストの田中千尋ちゃん(19歳・1年生)は、山梨県から「東京は怖いので」横浜市立大学を選んだのだという。

「横浜って言ったら、みなとみらいみたいな雰囲気を思い浮かべるじゃないですか。でも、実際、横浜市立大学のある金沢八景は、結構な田舎でしたね(笑)。都会過ぎないから、住みやすくていいですけど……」

とはいえ、4人姉弟の家庭から、急に始めたひとり暮らし。寂しさを感じないように、というほうが無理がある。

入学から半年が経ったが、毎日夜には、自分で、野菜を入れたお味噌汁を作る。ひとつは健康のため。もうひとつは、母のことを思い出すため。母が作ってくれていたものを思い
出しながら、出来る限り同じようなものを目指して作っているのだという。

さらに、生活ペースも、都会のそれとはちょっとかけ離れている。友だちと夕食を食べた日でも21時には帰宅。23時には寝て5時に起きるのだとか。 生活ペースが崩れないように、夜のアルバイトなどは入れないようにしている。

そんな彼女は、悩みとしてこんなことを話してくれた。
「こっちに遊びに来てくれた、地元の友だちに『冷淡になったね』って言われたんです。それが、横浜の街の中で、ティッシュ配りの人に何も言わずに、ティッシュをもらわなかった日なんです。山梨だと、道を歩いている人は、顔見知りでなくても話すのが普通で……ティッシュ配りの人にも笑顔を向けて断っていたんですよね。スタスタこっちの街を歩いている私を見て、そう思ったのかもしれないです」

もちろん彼女は、”ティッシュのもらい方”を友人に指摘されたわけではない。それでも、自分で、”都会に出てきたことで失いかけているもの”に気づけたのだ。

そういえば、取材のとき、少し彼女に待ってもらわなくてはいけなくなり、カフェで「好きなもの食べていいよ」と言って1000円を渡した。「いいです!いいです!」と本気で拒否した彼女だったが、取材に協力してもらっているので「おつりだけ戻してくれればいいから」と言って、僕はいったん立ち去った。
戻ってくると彼女のテーブルの上には、コーヒーとドーナッツがおいてあった。そして、彼女は650円のおつりを戻してくれた。その店ではコーヒーが350円・ドーナッツが400円だ。きっとドーナッツが食べたかったけど、ドーナッツまで出してもらうのは悪い、と感じて自分のおかげで別に頼んだのだろう。

大丈夫。千尋ちゃんは、まだまだ自分の感覚を持ち続けられている女のコです。

写真・文:霜田明寛

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

レオナルド・ディカプリオに激似なイケメンバーテンダーがネット上で話題に「レオかと思った」「双子かよ!」【動画】
『スター・ウォーズ』のR2-D2をモデルにした実物大冷蔵庫が約100万円で登場!
日常がステージに 男性バレエダンサーが魅せる不思議なセルフィーが海外で話題に【動画】
自然の厳しさを痛感する水中バトル!アシカ対サメの死闘がスゴすぎる【動画】
10才の日本人少女がドリーム・シアターを完コピ!「世界中のアマチュアギタリストが絶望するレベル」と話題に【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP