ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 即戦力を求めるばかりに、今年も甲子園のスターを指名しなかった――。22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。

「巨人の傾向としては、目先の勝利が至上命題であるためか、社会人や大学生の1位指名が目立ちます。特に、1993年の逆指名制度導入以降、それは顕著な傾向となっています」

 たしかに、逆指名時代には来季から監督になる高橋由伸、上原浩治、阿部慎之助、高橋尚成などの社会人や大学生が名を連ね、クジ引きの対象となる松坂大輔などの甲子園を沸かせた高校生は指名すらせず、他球団、特にパ・リーグへ渡るケースが目立った。

「毎試合地上波でナイター中継が行なわれ、視聴率20%を超えていた時代の巨人にはスターがいました。生え抜きの4番である原辰徳、松井秀喜、投手でいえば江川卓、桑田真澄らがそうです。原や江川は大卒ですが、彼らは甲子園を沸かせた実績を持っており、高校時代からファンが知るスターだったのです。甲子園で彼らに興味を持ったファンは、物語の続きを、巨人戦で見ることができた。

 近年は、地上波中継がほとんどなくなり、デーゲームも全国中継ではスポンサーがつかず、関東地区のローカル放送になってしまうなど、巨人の人気は伸び悩んでいる。本来なら今こそ、甲子園のヒーローを指名するべきなんです」(同前)

 大学・社会人、高校の区分がなくなった2008年以降の8年で、巨人の高校生1位指名は大田泰示(2008年)、松本竜也(2011年)、岡本和真(2014年)の3人。以前と比べれば、増加しているが、甲子園で話題になった松井裕樹などの超高校級を巨人は指名していない。

「田中将大にしても、ダルビッシュ有にしても、斎藤佑樹(早実で甲子園優勝後、早大進学)にしても、巨人は競合を避けたのか、指名すらしていない。

 人気が伸び悩んでいる今だからこそ、例えば今年は甲子園のヒーローで知名度の高いオコエ瑠偉を指名するという選択肢もあったかと思います。今年は特に甲子園の視聴率も良かったですから……。巨人には単なる強さだけでなく、人気も必要でしょう。フランチャイズ制が根付いた今、“全国区の巨人”という考え方はもう古いのかもしれませんが、将来的な巨人人気を考えた場合、甲子園スターの指名はファン獲得に必須だと思うのですが……」(同前)

 Jリーグ開幕前年の1992年、野球人気の危機が叫ばれていた。このオフ、巨人監督に復帰した長嶋茂雄は、フロントの反対を押し切り、その年の甲子園で5打席連続敬遠され、いちばんの目玉であった高校生の松井秀喜の指名を提案。長嶋の熱意に押された巨人は、松井を指名。4球団競合の末、交渉権を獲得し、甲子園スターの松井は巨人に入団した。

 長嶋と松井のタッグの効果もあって野球人気は盛り返し、1994年に巨人と中日が同率首位で最終戦を戦い、巨人が勝利しリーグ優勝を決めた「10.8決戦」では視聴率48.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を記録した。こうした例からも、野球人気回復のカギは、やはり巨人が握っていると言っていいだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
PL→巨人ドラ1橋本清氏 PLがプロ養成学校だった時代を語る
地域別にみる高校野球トリビア 鳥取県が日本一を誇るのは?
アイドルにとっても登竜門 甲子園ポスターの歴史を振り返る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP