ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】柿沼由彦氏 従来の心臓観変える『心臓の力』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】柿沼由彦氏/『心臓の力 休めない臓器はなぜ「それ」を宿したのか』/講談社ブルーバックス/本体900円+税

 最近のメディアに登場する研究というと、心臓に関する研究よりもむしろ、脳科学研究のほうが、多い印象があるかもしれない。が、日本医科大学大学院教授・柿沼由彦氏の初著書『心臓の力』の冒頭にこうある。

〈およそ研究に携わる者が忘れてはならない言葉の一つに「あたりまえの再定義」というものがある〉
〈真偽が定かでないことに対しては、研究者なら誰しもさまざまな可能性を考える。だが、いったんあたりまえだと思い込んでしまうと「そう信じられてきたから」「そう言われてきたから」と思考停止して、その真偽を疑うことができなくなってしまうのである〉

 この一文を読んでグッときた人は本書のよき読者となること請け合いだ。

 本書では1日10万回、拍動を続けてなお〈過労死〉することなく、〈活性酸素〉から身を守る自衛システムまで持つ心臓の謎をわかりやすく解説。先に柿沼氏らが世界に先駆けて発見した心筋細胞のある画期的機能についても詳しく紹介され、心臓という臓器の面白さや位置づけを改めて再定義したくなる良書である。

「私が医大生の頃は、心機能の低下には〈強心薬〉で収縮能力を高める治療研究が主流でした。ただこれだと心臓の仕事量が増え、結果的に死を早めることにもなった。

 1990年代に、交感神経由来の神経伝達物質〈ノルアドレナリン〉を抑制する薬が、長期的に見れば逆に心機能のさらなる低下を抑制することがわかり、ここで亢進より抑制に潮目が変わるんですが、なぜそうなるのかというメカニズムについては、諸説ありますがやはりブラックボックスとして放置されてきたんです。

 一方、同じ自律神経でも副交感神経の終末から分泌されるのが、本書の主役でもある〈アセチルコリン〉です。交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキに譬(たと)えられますが、心臓が過労死しないのもアセチルコリンの働きが大きいと考えていい」

 問題は、〈迷走神経〉とも呼ばれるほど全臓器に亘る副交感神経終末の分布が、心臓では交感神経に比べて極端に少ない〈アンバランス〉さだった。この不均衡は本来なら心臓を活性酸素の毒性に曝しかねないが、実際は交感神経の支配下でなお心臓はアセチルコリンに守られている。この謎を合理的に推理すれば、〈心筋細胞がみずからアセチルコリンを産出している〉と考えるしかなかったという。

「それは〈突拍子もない空想〉と笑われかねない仮説でした。実はアセチルコリンは人類が20世紀前半に初めて発見した神経伝達物質で、神経伝達物質=神経由来という固定観念が、心筋細胞によるアセチルコリン産出の可能性から目を背けさせた面もあると私は思う」

 仮説→実験→また反証と、本書では途方もないトライ&エラーの末に「わかる」に至る過程を詳述し、まるで現場にいるようなスリルや臨場感も魅力の一つだ。

「有効な実験方法を見つけるまでに何年、結果が出なくて何年と、失敗や遠回りの方が多いのが我々の日常で、それでもその研究を心底楽しんでいれば、ストレスは一切たまりません(笑い)」

 こうして2009年、柿沼氏らは心筋細胞が自らアセチルコリンを産出するシステム、略称〈NNCCS〉の存在を立証。さらに2013年には、NNCCS機能を人為的に亢進させたマウスでは心筋梗塞等の虚血性疾患に対する耐性が高まり、実に92.3%のマウスが心筋梗塞を起こしても死なないことを、実証してみせた。

 それにかわる代替方法には薬物投与と、もう一つは〈下肢圧迫〉で虚血状態を作る方法があり、目下これがヒトにも有効か、実験を進めているという。

「血管圧迫だけでアセチルコリンの産出を促すことができれば薬に頼らずに済み、心筋梗塞の予防戦略は今後大きく変わるかもしれない。我々の発見以降、細胞全般のアセチルコリン産出機能を巡る、より包括的概念〈NNA〉に関しても並行して世界各地で研究が進みつつある。面白いのは歴史的に大きな発見ほど同時多発的に起きるものなんです」

 また、研究の副産物には驚くべき新事実もあった。従来、心臓は脳の制御下にあるとされてきたが、実は両者の間には〈双方向性〉の制御回路が存在し、必ずしも脳が一方的上位にあるとは言えないことがわかったのだ。つまり心は脳だけでなく、ハートにもある!?

「もしそうならそれこそ面白い。少なくともマウスに関しては心臓にも脳に働きかける中枢機能がある可能性がでてきたのですから。

 そもそも心筋にアセチルコリン産出機能が備わったのも生物が地球上で生き抜くため。現に30億年前の原始生物からも発見されているアセチルコリンは神経系が発達する4億年前より遥か昔からあった普遍的な物質です。

 その元々あるものを最適化しながら変化に順応してきたのが人類で、その生命の神秘の象徴ともいえる、すでにそこにあったNNCCSを自分はたまたま発見できただけなんです」

 取材日はノーベル生理学賞発表の日。「NNCCSもとれそうですか」と聞くと柿沼氏は「あはは」とだけ笑い、かわりにこう言った。

「我々がこの研究を始めた地方国立大学では資金も潤沢ではありませんでした。あまり選択と集中で裾野を狭めすぎると、瓢箪から駒もない(笑い)」

 日本人研究者による連続受賞に沸く今、その裾野の豊かさと静かな熱さにこそ、私たちは敬意を払いたい。

【著者プロフィール】柿沼由彦:かきぬま・よしひこ/1962年東京生まれ。千葉大学医学部卒、筑波大学大学院医学研究科修了。専門は循環制御学。米ヴァンダービルト大学メディカルセンター研究員、日本学術振興会特別研究員、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員、高知大学医学部准教授を経て、日本医科大学生体統御学分野大学院教授。2009年、非神経性心筋コリン作働系(NNCCS)を発見し、翌年Ed Yelling賞を受賞。2013年には同機能亢進マウスによる心筋虚血耐性機構を報告。167cm、72kg、O型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1種類しかなかったアルツハイマー治療薬に2種類の新薬登場
薬物治療が発達したパーキンソン病 放置で10年後約80%死亡
アルツハイマーなど記憶力低下はコリン不足 レバーの摂取を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP