ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孫疲れ「孫のお金は全部祖父母が出すもの」と思う子供世帯も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌・週刊ポスト前号で報じた「孫疲れ」特集は大反響を呼んだ。孫との会話や、送迎に疲れるといった声を多数紹介したが、編集部にかかってきた読者からの電話では特に、経済的な負担を訴える声が多かった。

 サンケイリビング新聞社の調査(2009年度)によれば、子供を持つ世帯の双方の親が「電車で30分以内」の近居の場合、親世帯の年間平均援助額は44万6875円、双方の親が遠居の場合では年85万7730円にも及ぶ。遠居のほうが金額がかさむのは、次のような事情もあるからだろう。
 
「息子家族の里帰りの交通費は、もちろんすべてこっち持ち。さらに孫に“遠くまで来てくれてありがとう”といって、その都度お小遣いを渡している」
 
 と自営業の男性(70歳)。しかし息子夫婦は実家には泊まろうとせず、近くの温泉旅館などに泊まり、昼間にちょっと顔を出すだけだ。
 
「たしかに孫に会えるのは嬉しいが、嫁に温泉の宿泊費まで堂々と要求されると、さすがにカチンとくるよ」(前出・自営業男性)
 
 祖父母の金銭的な負担は大きいが、子供世帯には「多額の援助を受けている」という自覚はほとんどないようだ。家族問題評論家で『団塊世代の孫育てのススメ』(中央法規出版)の著者、宮本まき子氏がいう。
 
「平均援助額のデータを見せると、子供世帯のほとんどは『そんなに貰ってない』と驚きます。でも、携帯電話料、出産・育児関連の費用、幼稚園や塾の費用、旅行費用、週末やイベントの飲食費などなど、目に見えていない出費を親の銀行口座から引き落としているケースは多いんです」
 
 子供世帯は、無意識のうちに「孫のためのお金は全部祖父母が出すもの」とでも思っているのだろうか。
 
「うちの会社の給料日は毎月10日だが、娘一家が遊びに来るのは決まって給料日の直後。家内は“旦那さんもまだ若くてお給料が安いから大変なのよ”と甘い顔をしているが、孫のための品物とはいえ、娘が通販で買った代引き商品の送り先がウチ、というのはどうかと思う」(会社員58歳)

 それでも、孫のためのお金となると「自分で払え」といえないのがシニアの辛いところである。

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
孫のために住宅を購入 祖父母名義と孫名義ではどっちが得か
二世帯住宅にすると20年間で7000万円プラスになるとの試算
一般世帯の36%しか収入ないシングルマザーの現状分析した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP