ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

先生なんて喰ッちまえ!! ナゲットを食べた小学生がゾンビ化する学級閉鎖コメディ『ゾンビスクール!』日本公開[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ハロウィンに嬉しいニュースが飛び込んでまいりました。今年9月のアメリカ公開時にも話題となった、小学生ゾンビたちが大パニックを巻き起こすゾンビコメディ『Cooties』が邦題『ゾンビスクール!』として、2016年2月20日に日本公開決定! やったー! 待ってたよー!!

母校の小学校へ赴任早々、子どもたちにはナメられ、変わり者の同僚にも辟易していた小学校教師・クリント。しかし最悪なのはそれだけではなかった! 給食に出た、みんな大~好きなチキンナゲットを食べた生徒たちが次々とゾンビになってしまったのだッ! 感染を広める訳にはいかない、すぐさま学校を閉鎖だ! ゾンビ小学生と教師たちとの激しい戦いがいま、始まるッ!! ――というキャッチーすぎるストーリーでございます。

キッズゾンビたちに振り回される主人公を演じるのは困り顔がよく似合うイライジャ・ウッド。今回解禁となった場面写真でも、血まみれのキッズゾンビに襲われてイイ表情をしていますね! 本編ではもっともっと困っていただきたい!

監督はジョナサン・ミロ、カリー・マーニオンのコンビ。脚本には、『ソウ』や『インシディアス』で知られるリー・ワネル、『glee』のイアン・ブレナンが名を連ねており頼もしい布陣ッ。怖くて楽しいゾンビ・エンターテイメントに仕上がっているのではと期待が高まります。

来年2月の公開まで待ちきれないあなたは、フライドチキンを食べてゾンビになっちゃうトロマ・エンターテイメントの最高傑作『チキン・オブ・ザ・デッド』を観ながら、心の準備をしてお待ちくださいませ。

映画『ゾンビスクール!』は2016年2月20日よりシネマサンシャイン池袋ほかにて全国公開です。どうぞお楽しみにッ! ……某ファーストフード店とコラボとかやらないかな?

<『ゾンビスクール!』ストーリー>
小説家を目指しNYに出たが、パッとしないクリントは早々に夢を諦め、母校の小学校で臨時職員として務め始める。その日の給食は子供たちの大好きなチキンナゲット。賑やかな給食タイムが始まった。チキンナゲットを頬張る生徒たち。ん?何かがおかしい・・・。ナゲットを食べた子供たちがグレ○リンもびっくり、次々とゾンビ化していくではないか!すぐさま学校を閉鎖し、教師VSキッズゾンビの戦いの火蓋が切って落とされた・・・・。

監督:ジョナサン・ミロ、カリー・マーニオン / 脚本:リー・ワネル(『ソウ』『インシディアス』)、イアン・ブレナン(「glee/グリー」)
製作総指揮:イアン・ブレナン、リー・ワネル、ヘイデン・クリステンセン/製作:イライジャ・ウッド、スティーヴン・シュナイダー(『パラノーマル・アクティビティ』)
出演:イライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、アリソン・ピル(『スノーピアサー』)、リー・ワネル(『インシディアス』『ソウ』)
2014/アメリカ/カラー/シネスコ/88分/DCP/英語/原題:Cooties
配給・提供:プレシディオ 協力:松竹

公式サイト:www.zombieschool.jp

(C) 2014 Cooties, LLC All Rights Reserved

ホラー映画・ホラーイベントなどのコワイエンタメ情報サイト『ホラー通信』 http://horror2.jp/[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP