ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

珈琲とスパイスカレーと自家製ケーキと素敵な空間を味わえる『cafe uraraka』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

場所は朝霞台駅 南口から少し歩いて10分ほど

黒目川沿いにあり、

窓のカウンター席では春の季節には桜を眺めることができます。

駐車場はお店の目の前に1台。

こだわりの空間はすべて手作り

店主が、廃材などを再利用し、

すべて自分自身で店内の天井、壁、建具、家具などを手作りした渾身の作!

本棚にあるコーヒーやカフェ、スイーツなどの本は自由に読むことができます。

11:00~14:00はお得なランチメニュー!

全てミニサラダ、ピクルス、ドリンク付き 1150円

・大山鶏のスパイシーチキンカレー

・鶏挽き肉のキーマカレー

~サンドイッチ~

・キーマ (キーマカレー、レタス、トマト、サワークリーム)

・スモークハム(スモークハム、レタス、トマト、オニオン、粒マスタード)

・スモークチキン(スモークチキン、レタス、トマト、オニオン、粒マスタード

・ベジタブル(レタス、トマト、オニオン、きゅうり、にんじん、ゴマドレ)

ドリンクは、

珈琲、アイスコーヒー紅茶、アイスティー オレンジジュース

から選べます。

セットのミニサラダと自家製ピクルスはお先に登場

シャキシャキの千切りキャベツ、大根、ニンジン、レタスに

ごまドレッシングが少々のミニサラダ。

きゅうり、セロリ、人参の食感の良いさっぱりピクルス。

酸っぱさがマイルドで食べやすい!

あなたはどっち派?

4種のホールスパイスと3種のパウダースパイスにトマトとヨーグルトを合わせた辛さ控えめの挽き肉カレー

鶏挽き肉のキーマカレー

意外とさっぱり!

さらっとしたスープに近いカレーで

シナモンやクローブなどスパイスは感じるけど辛さはほとんどないタイプ。

生姜がトッピングされていてスパイスと相乗効果で体が温まります。

じっくりやわらかく煮込んだ大山鶏手羽元の旨みと8種のスパイスが効いたトマトベースの辛めのカレー

大山鶏のスパイシーチキンカレー

骨付きのホロホロ柔らかいチキンが2本!

トマトの甘酸っぱさのある濃厚な少しとろみのあるカレー。

一口目でピリッとくる辛さでスパイシー!

セットのドリンクは食前、食後、お好きなタイミングで

デザートを頼んだ方には食後がおすすめ。

珈琲も紅茶も甘いものにぴったり!

デザートセットは100円引き!

単品は各500円

・ベイクドチーズケーキ

・ガトーショコラ
準ココアのほろ苦さとチョコレートの甘さがマッチしたしっとりガトーショコラ

・パンプキンプリン
かぼちゃの優しい甘さと軽く焦がしたカラメルが絶妙のプリン

~アイスクリーム~

・バニラ
乳脂肪12%のリッチなコクのアイスクリーム

・ピスタチオ

人気No.1のベイクドチーズケーキ

無糖生クリーム、バナナ、ミントに

甘酸っぱいキウイソースとマンゴーのソースのトッピング。

ケーキはしっとりとしたコクの強いクリーミーチーズ。

自然な甘さで優しい味わい、かつ濃厚。

ココアが香るガトーショコラ

しっかりココアなのに濃すぎず、

甘さは控えめで、ほろ苦さもあり、

ちょっと大人なガトーショコラ。

かたすぎず、ほろっとして、しっとり、食感も絶妙です。

ケーキのように登場!パンプキンプリン

濃厚なかぼちゃ感のややしっかりめプリン。

良い意味で手作り感があります。

カラメルのほろ苦さが良いアクセント!

かぼちゃ好き、プリン好きにはたまらない、ずっしり感とみっちり感。

注文してから淹れてくれる珈琲と共に...

どれも厚みも大きさもあるデザートなので

珈琲や紅茶のドリンク一杯と一緒に

ゆっくり味わっていただけます。

単品で食べても美味しい、

トッピングと組み合わせても美味しい、

色々楽しめる自家製スイーツ。

初めて飲むなら!注文に悩んだら!『うららかブレンド』

マイルドでバランスがよく飲みやすい珈琲で

お食事にもデザートにも合います。

欲張りさんにおすすめなのはやっぱりランチタイム!

自家製のスパイシーカレーや

珈琲などのドリンクをお得にいただけるのはランチメニュー。

そしてデザートも食べたい!という方には

追加で頼むと100円引き!とこちらもお得。

おひとりさまでも入りやすいので、

休日のひとりカフェにでもいかがですか?

店詳細情報

*埼玉県朝霞市溝沼493-1金山ビル 1F

朝霞台駅 徒歩10分

*営業時間 11:00~18:00

*定休日 月曜日、第1・3・5日曜日

*駐車場 お店の前に1台

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: iko1012) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP