ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの“お絵かき”がぬいぐるみに!夢あふれるIKEAのチャリティ企画が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが子どものころ楽しんだ“お絵かき”。

描いた動物や空想の生き物たちが、そのまま姿を現してくれたら…なんて思ったことはないだろうか?

そんな夢を叶えてくれるのが、今話題を呼んでいる「IKEA(イケア)」の企画だ。

子どもたちが嬉しそうに抱えている、ちょっと変わったぬいぐるみ。

実はこれ、子どもたち自身が描いたイラストを元に作られたのだ。

これはチャリティキャンペーンの一環として行われたもので、10万通を超える応募の中から10人の子どもたちの作品が商品化された。

できあがったぬいぐるみは、ポップな帽子をかぶった恐竜や1つ目のモンスターまで、実に個性豊か。

思わず手に取りたくなるような、ユーモラスな表情が魅力だ。

商品1つの売り上げにつき、1ドルまたは1ユーロがユニセフに寄付されることになっている。

もちろんアイデアを出した子どもたちのもとにも、ぬいぐるみは届けられた。

近頃は、自分で描いた魚の絵を泳がせることができるチームラボの「お絵かき水族館」や、写真やイラストからオリジナルぬいぐるみをつくってくれる「Budsies」などもヒットしている。

自分の絵が形になることは、大人にも子どもにも永遠の憧れなのかもしれない。

IKEA Soft toy for education
http://www.ikea.com/us/en/good-cause-campaign/soft-toys-for-education/index.html#

チャリティ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP