ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィンランド発!自由にカスタマイズできるモジュール式スマートフォンがお目見え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パズルのようでいて、パズルじゃない。

注目の次世代型スマートフォン、「PUZZLEPHONE」が登場。海外ITメディアの間で、早くも話題を集めている。

フィンランドの企業Circular Devices Oyが、同国のシリコンバレーと呼ばれるGrant4Comとタッグを組んで開発した「PUZZLEPHONE」。

従来のスマホと明らかに違うのは、モジュール式を採用している点だろう。

・部品の交換でエコに貢献

モジュール方式の利点は、ユーザーの好みに合わせて、カスタマイズができるところ。

修復もアップグレードも思いのまま。脳に当たるメインエレクトロニクスと画面、バッテリーには、いずれも交換可能なカスタマイズモジュールが組み込まれており、損傷しても、自分の手で容易に取り替えることができる。

修理費用はもちろん、買い換えの必要もない。部品の交換によって、永続的な利用を実現。それを環境破壊の歯止めにつなげるというのが、開発元の狙いだ。

・Googleとの発売日競争に注目

モジュール式のスマホというと、Googleが2014年に発表した「Project Ara」があるが、製品化が遅れているため、まだ陽の目を見ていない。アメリカのエキスポでも、同様の製品が出品されたらしいが、スペックも低く、あくまで組み立てキットの範囲内で収まっている。

そういう意味では、“世界初”ではないにしろ、これだけ技術の基盤が整ったプロダクトは、この「PUZZLEPHONE」が初めて、と言えるかもしれない。ただし、市場でのインパクトは、Googleの発売時期にかかってくると思われる。

価格は今のところ未定。現在、2016年9月の初出荷に向けて鋭意調整中。

PUZZLEPHONE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP