ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南イタリアの母の料理はどんな味?イタリア文化体験&交流会のイベントを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: J.D. Page Uncooked Penne via Flickr (license)

日本ではおいしいイタリアンレストランがいくらでもあります。定番のピッツァから各地の郷土料理まで、イタリア料理を味わいたければたくさんの選択肢があるのです。しかし、レストランで食べる味と家庭料理の味は違います! シェフの一流料理ではなく、一般人が作るイタリアンはどんな味なのでしょうか?

イタリアの家庭料理を味わいたい方のためにCompathy (コンパシー)がイタリア出身者と協力して、イタリア文化体験&交流会のイベントを開催します!

イタリアンクリスマスの家庭料理とは?

11月7日(土)に「La mia Italia 」というイタリア家庭料理教室で、クリスマスをテーマにしたイタリア料理を、普段から料理教室の講師をされているアドリアーナ・ヴァッローネさんから学ぶことができます。気になる当日の献立は…?

イタリア料理といえばパスタ! 日本ではパスタ=スパゲッティと考えがちですが、イタリアでは600種以上のパスタが存在しており、イタリア人の大多数がショートパスタを好むのです。今回のイベントでは「サーモンクリームのペンネ」を作ります。イタリアンレストランでもなかなか見かけないショートパスタが味わえるチャンスを見逃さないように!

そして、イタリアのクリスマス料理に欠かせないのがタコのサラダです。カトリック教が根強いイタリアではクリスマスイブのディナーで魚料理を食べる習慣が今でも残っています。

最後にクリスマス・お正月の伝統的なデザート、カスタニアッチョ(栗とチョコレートケーキ)。もちろん、ワインもありますよ! 今回は料理に合うものをアドリアーナさんが用意してくれるのです。

オリーブオイルのエクスパートになってみませんか?

今回のイベントではおいしい料理はもちろん、オリーブオイルの試飲も体験できます! アドリアーナさんの実家ではオリーブオイルを製造しているため、いろいろなお話を聞かせてもらえます。おいしいオリーブオイルの見つけ方を習いましょう!

Photo credit: La mia Italia HP

また、おいしい料理を味わいながらイタリア出身者から、おすすめの観光スポットも教えてもらえます。今回は日本人があまり足を運ばない南イタリア・ナポリについてのお話を聞けるのです。

レシピはマンマのもの

では、今回のイベントに協力してくれるアドリアーナさんとは、どんな方なのでしょうか? 南イタリア・ナポリからほど近い小さな村プレセンツァーノ出身。大学で美術を勉強し、18年前に来日しました。来日当初は、壁画のプロデュースや裁判所での通訳など、幅広く活躍していましたが、2008年より料理教室「La mia Italia」を開校しました。

さらに、アドリアーナさんにお話を伺いました。

Photo credit: La mia Italia

ーアドリアーナさんが日本で料理教室を開校したきっかけはなんですか?

大学時代にイタリアで美術を勉強しながら、同時に日本語を独習していました。そして、せっかく勉強しているので日本に行ってみようと思って、短期留学したのです。そのときは日本の家族と一緒に住んでいましたが、ホームステイは素晴らしい経験で、日本のことがすごく好きになりました。あまりにも好きすぎて、帰国してからしらばく経って、また日本に戻ってきました。そのとき日本人の友達のためにイタリア料理を作ったら、「ぜひ教えてほしい」という声が多くて、15年前に料理を教え始めて、13年前から自分の料理教室を開きました。

Photo credit: La mia Italia

ーアドリアーナさんは料理を教えるだけではなく、いろいろとイタリア関係で活躍していますよね?

そうですね、大学などで食材に関する講演をやりながら、執筆活動もして、『La Mia Italia 南イタリア スローフードな食卓より』をはじめ、イタリア料理やイタリア文化についての本を書いています。(※)そして、実家が造作しているオリーブオイルをはじめ、ワインやモッツァレラチーズを日本に輸入しながらフードアドバイザーとしても働いています。

(※)アドリアーナさんの本はこちら

アドリアナさんは左から3人目。Photo credit: La mia Italia

ー料理教室は東京を中心に行っていますが、東日本大震災の際に東北でもイタリア料理を作ったそうですね。

はい。大震災のときは東京にいました。イタリアの家族の意に反して帰国せず、そのまま日本に残りました。イタリアに帰ったらお世話になっていた日本の人を裏切るような気がして、日本から離れたくはなかったのです。逆に、ずっと私に優しくしてくれた日本人に恩返しをしたかったのです。
だから以前働いてたDe Longhiの支援を得て、東京の料理教室の生徒たちと一緒にトマトソースやケーキなどを用意して、2013年4月と9月に2回、トラックで福島県や宮城県をまわりながら、学校や老人ホームなどで2000人の方々のためにイタリア料理を作りました。

Photo credit: La mia Italia

−アドリアーナさんの料理教室「La mia Italia」ではどのような料理を習えますか?

私はシェフではないので、レストランで食べれるような料理は教えません。「La mia Italia」は「レシピはマンマのものを中心に、親戚のおばさん達や近所の人達など、イタリアにいる現役の主婦達の味をそのまま」というもコンセプトでイタリア料理を紹介しているのです。誰でも日本のスーパで手に入れられる材料を選んでいるので、レッスンで学んだ料理は自宅でも作れます。
また、イタリアは州によって料理は結構異なりますが、私は南イタリア出身なので、「La mia Italia」では南の味を中心に料理を教えています。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回のイベントではおいしいイタリア料理を楽しみながら、アドリアーナさんからたくさんの話を聞けます。楽しめること間違いなしです!

イベントの詳細はこちら

日時: 2015年11月7日(土) 17:30~20:30
会場: La mia Italia (イタリア家庭料理教室) 東京都渋谷区渋谷3-13-5イプセ渋谷609
ウェブサイト: http://lamiaitalia.jp/index.html
地図: http://lamiaitalia.jp/map/index.html
集合場所/時間: 上記会場に、17時30分までにお越しください。
持ち物など: 料理しやすい格好でお越しください。主にアドリアナさんが料理をしますが、一部皆さんも調理にご参加いただきます。エプロンなどは必要ありませんが、料理についてのメモを取りたい方はペンの持参をおすすめします。
参加費:4,500円

[予約フォーム]
下記のフォームより忘れずにお申込みをお願い致します。
http://goo.gl/forms/QlficdpXrw

※フォーム予約後にご都合が悪くなったら、必ず主催者までご連絡ください(もしもご連絡をいただけない場合、キャンセル料が発生する可能性があります)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP