ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前言をひっくり返す人 情緒が安定せず気持ち満たされぬ傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 身の回りにいる「困ったちゃん」に関する相談に、『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)などのテレビ番組でお馴染みの東京未来大学・こども心理学部長である出口保行さんが、ずばり回答します。今回は突然前言ひっくり返す困ったちゃんについてのお悩みです。

【悩み】
 義姉はどちらかというと気さくな質で、なにかと両親の世話も焼いてくれます。ただ、ときどき前言をひっくり返すことがあり、義姉の気まぐれに困惑することが。先日も、もうお金を払うだけという段階で、あっけらかんと家族旅行を「やめる」と言い出し…。振り回された方はたまりません。(熊本・留美・42才)

【回答】
 一度決めたことを平気でくつがえしてしまうお義姉さん。そこに意図などなく、本人に悪気はなさそうだから、指摘するのも難しい…。普段はいい人なだけに、どのようなつきあい方をしたらいいのか、模索している留美さん。お義姉さんは、長くつきあっていく相手。こじれると大変ですよね。

 お義姉さんのような性格を心理学的には、“気分変動性が高い人”といいます。このタイプには、情緒が安定していない人が多くみられます。“家庭や地域とのつながりが希薄だ”“会社から受け入れられていない”など、何か落ち着かないものを持っていることから、気持ちが満たされていない。それが不安定になる要因です。

 普通の人は目の前に課題があると、“楽しいか楽しくないか”“やってみたいかみたくないか”、さらには自分の置かれている立場などで判断して行動に移し、途中で変更することは、よほどの理由がないかぎりないはずです。

 しかし、このタイプは普通の人のような行動の基軸はなく、基底気分(心理学用語で情緒のこと)の上下によって、目の前の取り組みが変わってしまいます。「昨日はものすごく食いついてきたのに、今日は見向きもしない。どうして!?」といったことが、このタイプにはよくあります。

 つまり、側から見ると、気持ちが変わった原因がまったくわからない。だからこそ“気まぐれ”に見えるのです。傾向で述べましたが、気分変動性が高い人は、「自分は周りから受け入れられていないのではないか…」と、猜疑的な目で周りの人を見ています。

 ですから、「自分は受け入れられているんだ」とわかれば、感情の起伏もなくなっていきます。実はこのタイプ、心理療法を受けにくる人に多いのですが、自分自身で気分変動性が高いことに気づいていないケースがほとんどです。

 抱えている問題は目の前にあることではないのですが、このタイプには「不安なことはないですか?」「何か心配していませんか?」と、あえて漠然とした質問で、話を聞いてあげることが大切です。

 留美さんにとっての義姉のように、これからも長いつきあいになる相手なら、よけいにしっかり話を聞いてあげてください。とはいっても、それは時間にすれば小一時間もあれば充分です。

 ポイントは“自分を受け入れてくれる人がいることで、気持ちが満たされる”ことにあるからです。話を聞いてあげただけで、「なぜ、さっきとこんなに違うんだ!?」と、その落差の大きさに驚くほど、相手は安定していきます。

 お義姉さんだけでなく、会社でも家族でも、いつもできていることができなかった人がいたら、「なぜ、できないの!?」と頭ごなしに聞くのではなく、「何か心配ごとがあるの?」と、相手の話に耳を傾けてみてください。失敗の原因が単純なミスではなく、感情の起伏によるものかもしれないからです。

※女性セブン2015年11月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
兄の介護をしていた兄嫁が病気に 弟に面倒見る義務あるか
国分佐智子 スッピン&地味な服装で海老名家の嫁修業に励む
“爪のアカふりかけ”の恨みを晴らすべく炒飯にゴキブリ粉末

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP