ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲川淳二 妻との25年別居告白「女房の住所は区しか知らない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ番組のリポーターやリアクション芸人として活躍し、今や言わずと知れた怪談家の稲川淳二(68才)。実は稲川、事務所の社長である妻と、なんと約25年間別居生活で、住んでいる家も知らないという。妻との別居生活について、本音で語ってもらった。

 * * *
 女房とは別居して25年、その間に会ったのは10回くらい。冠婚葬祭くらいしか会わないですもん。がんで入院した時も、見舞いに来なかったなあ。けんかしたとかじゃないですよ、成り行きです。家に帰ったらいなかったんです。

 その頃は仕事が忙しくて、5年間くらい家でゆっくりする暇なく仕事をしていたんです。スタジオに泊まって、翌朝そこから仕事に行ったりしてね。女房にしてみれば、家庭を顧みない夫になりますよね。

 夢中で仕事していたし、楽しかったんですよね。番組の生放送に、彼女を連れて行ったりしましたね。たけちゃん(ビートたけし)が「稲川淳二がきったねえ女呼んできた」とか、番組で平気で言うんです(笑い)。言っておきますけど、すっごく、いい女でしたからね。

 そんなこんなだと、女房は嫌になりますよ。その頃、障害のある次男が生まれたんです。女房も相当苦しんだろうし、私も悩んだけれども、仕事で忙しいから、相変わらず家庭を顧みないじゃないですか。

 そして、1991年の元旦です。年末から『ゆく年くる年』なんかの仕事で3日帰らなくて、さあ休もうと。家に着いたら、家の中が暗い。しかも鍵がかかってるんですよ。元旦で鍵がかかってる玄関ってないじゃない、亭主は外で仕事しているんだから。鍵を開けて、ドアをギーッて開けたら、ヒヤ~ッと冷たいの。おかしいじゃない。普通は暖房がついてるでしょ。明かりを点けるのは、嫌な感じがしたね。

 明かりを点けたら、誰もいないの。段ボールが転がってるし、飼ってる犬猫もいないの。どこ行ったんだろうな、しょうがねえなあって。それで自分の車を出して、スポーツタイプのオープンカーだから、元旦の風でも当たってどこかでご飯食べるのもいいかなって。

 いつも使ってるガソリンスタンドに行ったら、おやじが寒い風の中で働いてるんだな。「うちへ帰ったら誰もいないんだよ、どこ行ったんだか」と愚痴ったら、「奥さんは福島の温泉に行ってますよ」って。「えっ、だったらそうと一言言えばいいのに。いつ帰るのかわかりゃしない」「奥さんは3日に帰りますよ。そのあとスキー場行って……」「スキーも行くの? じゃあ、いつ帰って来るんだよ」「7日には帰ってきますよ」。

 それを聞いて、なんで私が知らないことを、赤の他人のガソリンスタンドのおやじが知ってるんだろうと思って、腹が立ったんですよ。ガソリンスタンドのおやじにそこまで言うなら、置手紙でも書いていけばいいじゃないの。

 それで事務所に行ってひとりで正月を過ごしたんです。それで考えたんです、このまま帰らないでいようかなって。1週間も帰らなければ、さすがに女房だって私に気兼ねするじゃない。働いているのは私だしね。戻ってきたらビシッと言って、女房が謝ったら、うじうじ言わずに帰ってやろうってね。

 だけど、待てど暮らせど迎えが来ないんですよ。うちのマネジャーが、私の服を家から持ってきたりしてね。1か月経ったので家行ってみたら、鍵が開かないの。鍵を変えられちゃったんだよ。ふざけやがってと思ってマネジャーに言ったら、「おかみさんが、勝手に入られちゃ嫌だからって」って。バカヤロウ、私の家じゃないか(苦笑)。こうなったら私も男だ、根競べだと思って。

 ただ、ひとつ言えることは、難病の子供を持っていると、母親はどこか子供に対して責任を抱えるんですよね。ぶつけどころがないものだから。私は外に出てるから、仕事にぶつけたり仲間と飲んだりできるけど、女房は酒飲まないし。ぶつかるのは私に決まってるんです。だから、かえって私は外に出ている方がいいのかなと思ったんですよ。出ていれば、私の面倒を見なくてすむじゃないですか。

 何年かたって、女房が別の家を買って、引っ越したようなんですよ。長男は私の家に時々顔を出すから、「いつ越こしたんだよ、どこなんだ?」って聞いたら、「言えないんだ、教えたら母さんに怒られる」って。だから、今でも女房と子供がどこに住んでいるかわからない。区まではわかってるんだけどね。

 長男もせこいんです。車で最寄駅まで送って降ろすと、降りてから家と別の方向に歩くの(笑い)。でも、このまま女房の家がわからなくていいんですよ。愛情があるなしというと、変わっているかもしれないけど、これも愛情かなと思っているんですよ。

【稲川淳二】
1947年8月21日生まれ。東京都出身。桑沢デザイン研究所を経て、工業デザイナー、タレント、怪談家として活動。1996年、『車どめ』が通商産業省選定グッドデザイン賞を受賞。1993年からテレビ出演は夏だけとして、全国ツアーの怪談ライブを開催。夏の定番イベントとして定着している。12月にも開催予定。http://j-inagawa.com/


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホ大好きのぐうたら妻 夫に話しかけられLINEで「何?」
同じダイエット経験夫婦 痩せぬ妻が痩せた夫に「癌なの?」
鬼嫁看護師 風邪で看病を頼む夫に「ちゃんとお金払ってね」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP