ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「やりたくないことは ”NO” と言うべき。」レディー・ガガがイエール大学で語ったこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年10月24日にライブ配信されたイエール大学主催のトークセッションにレディー・ガガが出演しました。その様子はYouTubeで閲覧できますが、そこで語られた言葉に心を動かされたという人も多いようです。

「Emotion Revolution Closing Session」は、これからの教育で改善するべき点について議論するのが目的。その特別講師として呼ばれた彼女は、感情表現の大切さについて語っています。一部抜粋して紹介します。

なぜ、感情表現が大切なのか

01.
鬱病を乗り越えるために
自分より強い存在を創造した

鬱や不安と向き合い続けながら、アーティストとして活躍してきた彼女ならではの話かもしれません。

「誰もあなたを助けられません。あなたを助けられるのは、あなただけなんです。

わたしは自分自身を創り出しました。レディー・ガガは、人生の痛みを表現するための方法です。だからこそ、わたしは鬱を乗り越えられました。つまり、元ある自分よりも強い何者かを創造したんです。

もし全てを投げうってしまえば、これまでのキャリアを失い孤独になるだけ。…遺伝的に持って生まれたものが変わることはありません。だって、私はそう生まれてきたんですから」

02.
認めてもらうべき人物は
自分自身

「どれだけチャンスや成功を手にし、富と名声を得ても意味がないんです。誰かにあなたやあなたの容姿が認められたとしても同じです。認めてもらうべき人物は、自分自身に他ならないんです。

だから、今日は自分を認めることの大切さについて話します」

03.
やりたくないことに対して
"NO"と言う権利がある

「わたしにとってやりたくないことに対してNoと言うことは、自分の存在を示す証拠です。やるかやらないかを選ぶのは、あなたの権利です。信じるか信じないか、自分の視点で自分の人生を生きるのかどうか、選ぶのはあなたの権利なのです。間違っているでしょうか?

わたしは笑顔で大勢の人と握手なんてしたくありません。セルフィーで時間を無駄にしたくもありません。お金のために人を使うのも好きじゃありません。働きすぎていても悲しくなります。お金を生み出すためのロボットにでもなった感じがしてきます。だから、NOと言います。

いつも、これは本当にやりたいことだろうか?と考えます。もしその答えがNOだったら、わたしはやりたくないと言うでしょう」

04.
「私はただ〇〇なだけじゃない」

「自分の内側をさらけ出すことが大切です」

トークセッションの途中、彼女は新しいキャンペーンについて説明しました。Twitterでハッシュタグ#IamNotJustを入力し、続けて「わたしはただ〇〇なだけじゃない。〇〇なんだ」と意思表示をします。

すでに多くの人が参加しているようですが、彼女からはインターネットでの発言についてこんなアドバイスも。

「あなたのツイートをずっと覚えている人はいないでしょう。でも、投稿に対して向けられたネガティブなコメントを、あなたは忘れられません。

全てのコメントに答える必要はないので、ただ自分のポジティブな行動の準備を進めましょう。無視せずに見続けるべきなのは自分自身の気持ちなんです。自信を持ちましょう。もちろんスマホの外で」

05.
自分の気持ちを
確かめ続けることが大切

彼女は、日常的に自分の内側を確かめながら生活すれば、昨日よりもいい自分に出会えると力強く語りました。

以下の質問へ即答した彼女の言葉に、その意思が現れているのかもしれません。

「一番誇りに思っていることは何ですか?」

「今日です」

Reference:Yale University,The Countess
Top Photo by Jason Merritt/Getty Images for amfAR

関連記事リンク(外部サイト)

ライブやフェスに行くことは、薬と同じくらい効果がある
いくら水を飲んでも2日酔いは防げない!との研究結果
心の強い女性になるために、持つべき「5つの習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP