ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋の富士山にうっとり♡河口湖で紅葉を満喫できるおすすめコース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

富士山が近くに見える河口湖で紅葉を楽しみつつお食事や温泉も楽しめるプランを紹介しています。河口湖周辺にはおいしいうどん屋さんが多いのでうどんが好きな方にオススメです。美味しい物を食べて紅葉を楽しんだ後はゆっくり温泉につかってリフレッシュして帰ることができます。

1、河口湖

約60本のモミジが並び紅葉越しに霊峰がそびえる。

画像横富士を望む河口湖北岸の梨川周辺に、約2kmにわたってモミジが林立。10/31~11/23の紅葉まつり期間、日没~22時はライトアップも。夜のライトアップによる演出の紅葉は幻想的でうっとりしてしまう。写真は紅葉まつり会場から車で約15分の紅葉トンネル。富士山と紅葉をワンショットで収められる撮影スポットとして有名。 河口湖(かわぐちこ)
TEL/0555-72-3168(富士河口湖町観光課)
住所/山梨県南都留郡富士河口湖町河口湖畔河口梨川周辺 営業時間/散策自由
定休日/散策自由
料金/ アクセス/
駐車場/300台河口湖の詳細はこちら

2、てんせいや

具材は馬肉とキャベツ。吉田うどんの王道を。河口湖から車で15分。

画像横
写真の説明をここに書く

もっちりとした中太麺と味噌&醤油を合わせたスープが特徴のうどん。こちらの写真は肉うどんにきんぴらをトッピングした一杯。人気メニューは味付けした馬肉をのせた肉うどんで、450円。小サイズは100円引き。ボリューム満点でお腹いっぱいになりそうです。ネギがたくさんなのもgood。河口湖から車で15分の距離です。 てんせいや
TEL/0555-23-9163
住所/山梨県富士吉田市下吉田7-34-12 営業時間/11時30分~14時30分
定休日/木
料金/ アクセス/
駐車場/20台
てんせいやの詳細はこちら

3、白須うどん

昔ながらの製法を受け継ぐ暖簾のない隠れ家店。河口湖から車で20分以内のお店。

画像横
写真の説明をここに書く

もとは麺の卸売りで、店頭で食べられるようにしたところクチコミで広がり人気店になったお店。メニューは温と冷の2種類のみで、値段は400円という設定になっています。ちなみに小サイズ(350円)もあります。余計なものが入りすぎず、シンプルなのが魅力です。てんせいやから車で2分の距離です。 白須うどん(しらすうどん)
TEL/0555-22-3555
住所/山梨県富士吉田市上吉田3296-1 営業時間/11時30分~14時
定休日/日
料金/ アクセス/
駐車場/5台
白須うどんの詳細はこちら

4、おお野

小麦の味が活きた麺をカレーのつけ汁で。河口湖から車で20分以内のお店。

画像横
写真の説明をここに書く

オリジナリティあふれる吉田のうどんを日々研究している実力派のお店です。熱した石焼きの器に入ったスパイシーなカレーつけ汁で食べる店主イチオシのメニューをどうぞ。辛いものがお好きな方におすすめです。シメとしてつけ汁にライスを入れ、余すことなく味わうことをお忘れなく。白須うどんから車で2分の距離にあるお店です。 おお野(おおの)
TEL/080-3206-5454
住所/山梨県富士吉田市上吉田6661 営業時間/11時~14時
定休日/火・水
料金/ アクセス/
駐車場/12台
おお野の詳細はこちら

5、山中湖温泉 石割の湯

pH9.6の名湯で美肌を目指そう。河口湖で紅葉を楽しんだシメに。

画像横
写真の説明をここに書く

木造建築の梁組を活かしたドームが印象的です。マイルドな肌触りのアルカリ性単純温泉が露天や檜風呂に注がれています。露天風呂や大浴場の他にも、28°Cの源泉ぬる湯もあります。食べ物持込みOKの大広間も用意されていますので観光の最後によってリラックスすることができます。おお野から車で25分の距離です。 山中湖温泉 石割の湯(やまなかこおんせん いしわりのゆ)
TEL/0555-20-3355
住所/山梨県南都留郡山中湖村平野1450 営業時間/10時~21時(最終受付20時30分)
定休日/木(祝日の場合は営業)
料金/入浴料大人700円、学生500円、小学生200円(12/1以降は各100円増額) アクセス/
駐車場/150台
山中湖温泉 石割の湯の詳細はこちら

まとめ

以上5つの河口湖周辺のスポットを紹介しましたがいかがでしたか?こちらのプランの一部を変更して違う食事を楽しむなど自由にカスタマイズしてお楽しみください。

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ゆるキャラ®が案内!出世大名家康くんと行く浜松観光【静岡】
地元でしか手に入らない!道の駅産直野菜番付【関西・中四国】
北海道でしか食べられない!北海道らしいTHE・海鮮丼5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。