ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぷるるん美肌になる♪体内コラーゲンがUPする豆乳鍋の簡単レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大豆の美肌効果で冬美人になる♪

冬の足音が近づいてきましたね。お鍋の美味しい季節になりました。
今やお鍋の種類はたくさんありますが、中でも美容に効果的なのが豆乳鍋!
大豆には美肌効果がありますが、なかなか大豆ばかり食べるのは難しいのでは?
そんな時は、お鍋にすると他の野菜もたくさん食べられてキレイになれて、とってもお得!
今回は美味しく美肌効果のある豆乳レシピをご紹介します。

 

簡単&キレイになれる!時短ご飯にもおススメ豆乳鍋のレシピ

豆乳鍋のレシピはこちら
【材料&期待できる効果】
・豆乳(成分無調整)
大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをして、体内のコラーゲンを増やし、肌のキメが細かくなります。
また、リノール酸が皮膚のバリア機能を保ち、肌の保湿や老化防止などにも効果が!
・ほうれん草
ほうれん草は、ビタミン含有量では緑黄色野菜の中でもトップクラス。
老化防止のβ-カロテン、アンチエイジングや美肌効果のあるビタミンCやビタミンE、鉄分、葉酸などが含まれており、野菜の中でもトップクラスの高い栄養素を持っています。貧血の予防や改善効果は特に有名で、妊娠中の食事にもオススメ。
・鮭(豚肉か牡蠣でもOK)
アスタキサンチンには抗酸化作用があり、シミの原因となる色素沈着やメラニンの生成を抑制してくれます。また、鮭の皮にはコラーゲンが含まれているため、皮はつけたままが◎。
鮭の代わりに豚肉か、これからの季節には牡蠣を入れてもOK。どちらもビタミンBを含む食品で、美肌効果が期待できます。
今回は、この他にも、にんじんとしいたけをプラス。にんじんはβ-カロテンが多く含まれている上、風邪の予防にもいいと言われています。にんじんはピーラーで薄くスライスすればお鍋の具材としても食べやすくなりますよ。

 

〆にお蕎麦?!意外な蕎麦の美容効果とは?

最後の〆には、お蕎麦を入れてみましょう。
「お鍋にお蕎麦?」と思うかもしれませんが、実はお蕎麦にもビタミンBやルチン(ポリフェノールの一種)が含まれていて、酸化防止効果があり老化防止にも効果的。また食物繊維も多く、便秘解消にも!女性には嬉しい〆ですね。
美味しい豆乳鍋で体の中からキレイになりましょう♪

Beautyfood.labo(管理栄養士:朝倉隆監修)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP