体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしもシークス、国内向け「Desire EYE」と「Desire 626」を販売開始

エックスモバイルは 10 月 30 日、同社の MVNO サービス「もしもシークス」の新端末として、HTC の SIM ロックフリースマートフォン「Desire EYE」と「Desire 626」を発売しました。Desire EYE は 5.2 インチのフル HD ディスプレイやSnapdragon 801 クアッドコアプロセッサなどを搭載したミッドレンジモデルで、HTC EYE Experience のカメラ機能や前面に 1,300 万画素カメラと LED フラッシュを備えた自撮り画質の高さが売りです。一方、Desire 626 は 5 インチの HD ディスプレイや Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサなどを搭載した小型のエントリーモデル。もちろん、LTE にも対応しています。(参考)■ Desire EYE ッてでんなスマートフォン?■ Desire 626 開封の儀&ファーストインプレッションもしもシークスでの価格は、Desire EYE が 52,800 円 + 税、Desire 626 が 29,800 円 + 税です。また、カラバリは、Desire EYE がスカーレットとマリーンの 2 色、Desire 626 がマカロンピンクとマリーンブルーの 2 色。もしもシークスでは、先着順でドット柄のフラップが追加専用ケース「Dot View」がプレゼントされる発売記念キャンペーンも実施されています。また、上記 2 機種では、もしもシークスの定額制音声通話プラン「かけたい放題」で提供されている「まんぞくコース」で、1 回あたり 10 分以内の国内通話が月 100 回から月 300 回に増加されています。Source : エックスモバイル

■関連記事
サンワサプライ、PC接続用のUSBケーブルとしても利用できる 1 台 2 役の Android用Micro SDカードリーダー「400-ADROTG」を発売
Nexus 5X / 6Pで通話中に画面が復帰しないトラブルが続発、未対処の液晶フィルムやガラスパネルが原因と報告される
Android「IFTTT」がv1.5にアップデート、Androidアプリ別にレシピを作成可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。