ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルバム「ウィ・ラヴ・ディズニー」世界同時リリース、『bounce』11月号の表紙に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デイヴィッド・フォスターのプロデュースによるディズニー・ソングブック「ウィ・ラヴ・ディズニー」が、10月30日に世界同時発売され、配布がスタートしたばかりの『bounce』11月号で表紙を飾っている。

アルバムにはNE-YO、アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイなど、現在のミュージック・シーンをけん引する豪華ゲストが参加。最新ヒットから永遠の定番曲まで、ディズニーが誇る名曲集となっている。

参加アーティストのレコーディング風景を交えた動画には、アリアナ・グランデのコメントも含まれている。「ゼロ・トゥ・ヒーロー」(『ヘラクレス』)を歌った理由として「ゴスペル調で、ソウルフルで、最高の曲だから」、さらに好きなディズニーのキャラクターについては「女の子はたいていお姫様って言うけど、私は『ヘラクレス』の5人のムーサになりたかった」と語っている。

「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』)を歌ったニーヨは「もし好きなディズニー・キャラクターにでもなれるなら『アラジン』のジーニーになるだろうね。ジーニーにはどんなことも可能だ。その万能の力で、戦争を終わらせ、世界から飢餓をなくすこともできる。だからジーニーになるよ」と語っている。

アルバムに収録されるのは、「レット・イット・ゴー」(『アナと雪の女王』)、「パート・オブ・ユア・ワールド」(『リトル・マーメイド』)、「私だけの世界」(『ふしぎの国のアリス』)、「愛を感じて」(『ライオン・キング』)、「イッツ・ア・スモール・ワールド」など、最新ヒットから永遠の定番曲まで、ディズニーが誇る名曲揃い。

歌うのは、NE-YO、アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイなど、現在のミュージック・シーンをけん引するトップランナーが集結。さらに、日本盤にはボーナストラックとして、オーストラリア出身のヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、サラ・オレインが参加している。

「Behind The Scenes」
We Love Disney Artists – We Love Disney (Behind The Scenes)

NE-YO – Friend Like Me

リリース情報

アルバム「ウィ・ラヴ・ディズニー」(We Love Disney)
2015年10月30日世界同時発売
UCCV-1151 2,700円(税込)
プロデュース&アレンジ:デイヴィッド・フォスター
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/we-love-disney/id1029712195
収録曲
1.「フレンド・ライク・ミー」(映画「アラジン」より)/ NE-YO
2.「パート・オブ・ユア・ワールド」(「リトル・マーメイド」より)/ ジェシー・J
3.「愛を感じて」(「ライオン・キング」より)/ジェイソン・デルーロ
4.「レインボー・コネクション」(「ザ・マペッツ」より)/ グウェン・ステファニー
5.「ゼロ・トゥ・ヒーロー」(「ヘラクレス」より)/ アリアナ・グランデ
6.「私だけの世界」(「不思議の国のアリス」より)/ ジェネイ・アイコ
7.「君のようになりたい」(「ジャングル・ブック」より)/ フォール・アウト・ボーイ
8.「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(「ポカホンタス」より)/トリー・ケリー
9.「ひとさじのお砂糖」(「メリー・ポピンズ」より)/ ケイシー・マスグレイヴス
10.「みんなネコになりたいのさ」(「おしゃれキャット」より)/ チャールス・ペリー
11.「夢はひそかに」(「シンデレラ」より)/ ジェシー・ウェア
12.「レット・イット・ゴー」(「アナと雪の女王」より)/ ラスカル・フラッツ&ルーシー・フェイル
13.「イッツ・ア・スモール・ワールド」 / Various Artists 上記参加のアーティスト全員
14.「ビーイン・グリーン」(「マペッツ」より)/ ブレナ・ウィテカー
15.「ホール・ニュー・ワールド」(「アラジン」より)/ Yuna
16.「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(「ポカホンタス」より)/ サラ・オレイン *日本盤ボーナストラック

関連リンク

■「ウィ・ラヴ・ディズニー」特設サイトhttp://welovedisneymusic.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP