ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「安納芋×りんご×赤ワイン×ローストポーク」の最強コンボ! ベックスコーヒーショップの期間限定サンドを食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

関東の主要駅を中心に展開するコーヒーチェーン「ベックスコーヒーショップ」から、秋の新作サンドが登場した。

その名も「イタリア産ホエー豚使用 ローストポークと赤ワインソースのサンド ~安納芋&りんごのコンポートとともに~」(420円)。

なんと略して呼べばいいのかわからないが、とにかくこの商品名にあるように、秋の味覚である安納芋やりんごなど甘みにカテゴライズされる素材が入っていることがわかる。

塩バニラや塩キャラメルなど、昨今のあまじょっぱいブームに仲間入りとも思われるこのサンドを、早速食べに行ってみた。

向かったのは池袋西口店。改札を出て地上に上がってすぐ、びゅうプラザ池袋の脇にそれはある。

駅チカとあって絶えず人の出入りがある同店だが、なんとか席を確保できた。せっかくなのでドリンク・サイドメニューのセット(720円)を注文してみることに。

ドリンクはコーヒーや紅茶、ソフトドリンクから、サイドメニューは「3種のきのこ入りチーズポテト」「モンブラン」から選べる。筆者は断然サンドイッチにコーヒー派なのでアメリカンを、チーズ狂なので3種のきのこ入りチーズポテトをそれぞれチョイス。

先に淹れたてアメリカンをいただく。以前タバコとアイスコーヒーについて書いたこの記事で述べたように、もちろんブラックで。ほっと一息つける、安心安定の味だ。

カウンター席からは、街をせわしなく行き交う大勢のビジネスマンが一望できる。世の人が働く時間帯に小休憩を取るのは、ちょっとした優越感と後ろめたさが同時に押し寄せてくるから、いつも心は複雑だ。とはいえ、これが駅カフェならではの光景である。透明のガラスの仕切り一枚で、都会の喧騒から離れることができるのだから、ベックスコーヒーショップ様様だ。

そうこうしている内に、ものの2分程度でサンドイッチが運ばれてきた。さすがである。回転率がいい理由がここにあるのではないだろうか(偉そう)。

トーストサンドの間から、ダイス状にカットされたりんごと、幾重にも重なるフリルレタスが顔をのぞかせる。特に甘い匂いはしないが、はてさて……。

う、うまい。

全面的に甘みが主張してくるかと思いきや、肉じゃがやめんつゆ的な食事に合うやさしい甘さで、いい感じにローストポークの塩味とマッチしている。パンも外側がカリッと、内側がしっとりとした食感で、これは食が進む。一体中身はどうなっているのだろうか……。

ということで、お粗末ではあるがオープンサンドにしてみた。ローストポークの下には、赤ワインソースで仕上げたりんごのコンポートがたっぷり入っている。

りんごだけ取り出してみた(よい子の皆さんはマネしないでください)。アップルパイに入っているりんごのような、くたくたに煮込まれたしんなりしたりんごだ。でも安納芋が見つからない……。

ちなみに安納芋とは、普通のサツマイモよりもはるかに糖度が高く、焼き芋にすると透き通った濃いめの黄色になり、蜜があふれ、ねっとりとした練り切りのような食感になる、最高級のサツマイモだ。

……もしや、りんごの周りを覆っているペーストと、フォークの先端についているペーストが、安納芋か!? りんごを避け、ペーストのそれだけを舐めてみた。

!!!

これだ! 安納芋はそのトロトロになる特性ゆえ、ペースト状になって潜んでいたのだ。ああ、蜜の味。言わずもがな、美味である。

最後にサイドメニューの「3種のきのこ入りチーズポテト」をいただく。

!!!

えっ、ベックスコーヒーショップって最強じゃん、と思った瞬間である。フライドガーリックが効いており、とにかくおいしくて、サイドメニューも侮れない。小さいグラタンを食べているような満足感があった。お世辞ではない。これはモンブランも期待できそうだ。が、私はこれをオススメしたい。それくらい感動があった。

あっという間に完食。欲を言えば、もう少しボリュームが欲しいところだが、駅チカでさっと小腹を満たすには丁度いいのかもしれない。

待ち合わせよりも早く駅に着いてしまったとき、今日はなんだか寄り道したい気分のとき、外回りの合間に一服したいとき、雨宿りするとき、ぜひこの「イタリア産ホエー豚使用 ローストポークと赤ワインソースのサンド ~安納芋&りんごのコンポートとともに~」を「3種のきのこ入りチーズポテト」とともに食べていただきたい。11月30日までの販売なので、お見逃しなく。

書いた人:藤田佳奈美

セーラームーン世代。幸せに満ち足りた時よりも、おセンチだと筆が進むタイプ。未婦人の頃から「婦人公論」が愛読書。蕎麦に熱燗の組み合わせと、台所で料理しながら飲む麦酒が好き。かわいい系のアルコールって肴に合わないよね?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP