ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

指揮者西本智実さん、原爆投下70年をうけサンピエトロ大聖堂で追悼の演奏を披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
指揮者西本智実さん、原爆投下70年をうけサンピエトロ大聖堂で追悼の演奏を披露

 バチカン国際音楽祭に出演中の西本智実さんとイルミナートフィルハーモニーオーケストラとイルミナート合唱団が10月28日、サンピエトロ大聖堂で行われたミサにおいて「オラショ」の原曲であるグレゴリア聖歌などを演奏した。

指揮者西本智実 コンサート写真一覧

 今回のミサはローマ法王庁司教総代理コマストリ枢機卿主宰によって先のローマ法王ヨハネパウロ二世の死去10年をうけて開催された。長崎・平戸で450余年にわたり隠れキリシタンによって伝承された祈りの歌「オラショ」の響きが大聖堂の歴史的空間に降り注いだ。ミサの中では、西本智実さんは、追悼の演奏とともに原爆投下70年についてのメッセージを披露。ミサの模様はバチカン運営のテレビ放送の中継によって全世界35ヶ国に伝えられた。また、さらにドイツのテレビ局の中継も加わった。

 西本さんのメッセージの内容は以下の通り。

「70年前、広島 長崎に原子爆弾が投下された。そのことによって、無念の死を遂げた多くの方々、今もその苦しみの中にいる方々の為に、神に祈りを捧げましょう」

 宗教史的にも音楽史的にも重要な「オラショ」の原曲であるグレゴリア聖歌の復元演奏が、キリスト教の総本山であるバチカンで披露された。そして、ローマ教皇代理ミサのもと、日本人指揮者による原爆犠牲者を悼むミサ演奏とメッセージが世界に伝えられたことに対し、現在、欧州メディアの関心が注がれている。

 なお、今夏、西本智実さんはバチカン国際音楽祭出演に先がけ、コマストリ枢機卿からの原爆投下70年に対しての親書を託され、松井広島市長、田上長崎市長に手渡しする役割も担った。

 そして、引き続きウィーンフィルと並んで音楽祭のメインオーケストラでもある西本さん率いるイルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団は、10月30日、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂においてベルディの「レクイエム」を演奏。今回のミサと同様、原爆犠牲者を追悼する演奏会として披露される。

◎リリース情報
NEWS『四銃士』(DVDシングル)
2015/11/25 RELEASE
作詞:Satomi
作曲:S・ラフマニノフ/西本智実
編曲:西本智実/倉内達矢
指揮:西本智実
演奏:イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

◎More Info
http://www.tomomi-n.com/jp/

サンピエトロ大聖堂写真 : 渡邉肇

関連記事リンク(外部サイト)

指揮者の西本智実、松井広島市長にローマ教皇総代理の親書を手渡す
西本智実 NEWSに提供した注目作がリリース
ロバート・グラスパー×西本智実、ジャンルの垣根を超えた注目オーケストラ・コンサートのリハーサルを潜入レポート!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。