ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MO(ムー)、アヴィーチーやディプロも惚れ込むデンマーク新鋭シンガーが新曲「KAMIKAZE」を配信スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 YouTubeでのミュージック・ビデオ再生回数が6億7千万回を突破するなど、今年世界中で大ヒットしているディプロ率いるメジャー・レイザーのシングル「リーン・オン」。同曲にフィーチャリング・アーティストとして参加し、その歌声で話題沸騰中の新鋭ポップ・シンガーMO(ムー)がニュー・シングル「KAMIKAZE」をiTunesほかにて配信開始した。

 MOはデンマーク出身の27才。7歳のころから作詞作曲を始め、10代の頃はパンクからエレクトロまで幅広い音楽に没頭。2012年にシングル「メイデン」をリリースし、その後も数々の楽曲を発表して注目を集めてきた。2013年8月には、アヴィーチーの「ディアー・ボーイ」に本名のKaren Marie Orsted名義でボーカル参加、そのこと等がターニング・ポイントとなり、さらなるブレイクを果たした。

 最新シングル「KAMIKAZE」はディプロがプロデュース。MO本人は「ディプロとの作業はいつもオープン・マインドでクリエイティヴな作業ができるから大好きなの。記憶に残る楽曲を作ることももちろんだけれど、ポップなサウンドになるようにこだわっているわ。小さい頃にスパイス・ガールズにハマって以来、ずっとポップ・ミュージックが大好きなの。でも今のポップ・ミュージックには新しいエッセンスが必要よね。その答えが「リーン・オン」だし、このニュー・シングルなの。」と語っている。

◎「KAMIKAZE」MV
http://bit.ly/1P37AUq

◎リリース情報
「KAMIKAZE」
2015/10/15 RELEASE
250円
iTunes:http://apple.co/1GOhFTS

関連記事リンク(外部サイト)

優しく勇敢な世界創りの第一歩……レディー・ガガ、母と設立した若者支援団体で玩具メーカーと提携
フライローやハービー・ハンコック参加!天才ベーシスト=サンダーキャット最新作が初CD化、Amazon限定発売
ジャスティン・ビーバー、『パーパス』収録曲リストをユニークな形で発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP