ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LOUDNESS高崎晃 日本人アーティスト初の『BURRN!』表紙飾る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人初となる数々の記録を打ち立てた世界進出アルバム『THUNDER IN THE EAST』の発売30周年記念アルバム『THUNDER IN THE EAST 30th Anniversary Edition』を11月25日に発売するLOUDNESS。その中心人物である高崎晃(g)が、ヘヴィ・メタル専門誌『BURRN!』の2016年1月号(2015年12月4日発売)にて、日本人アーティストとして初めて表紙を飾ることが決定した。

『BURRN!』表紙写真一覧

 『BURRN!』誌は、1984年9月、音楽雑誌『ミュージック・ライフ』の別冊として創刊。以来、31年間の長きにわたり、日本を代表するヘヴィメタル専門誌としてシーンに高い影響力を誇ってきたが、創刊以来、日本人アーティストが表紙を飾ることは一度もなかった。今回のLOUDNESS高崎晃の表紙決定について、『BURRN!』誌編集長である広瀬和生は、以下のコメントを寄せている。

 「BURRN!初の「日本人の表紙」は高崎晃、というアイディアは、実はずっと温めていた。世界で最も知られている日本のヘヴィ・メタル・バンドがLOUDNESSであることは紛れもない事実であり、高崎晃は日本が世界に誇るギター・ヒーローだ。実績も実力も知名度も、彼がBURRN!の表紙に相応しいミュージシャンであることは言うまでもない。あとはタイミングだ。今回、「THUNDER IN THE EAST」30周年でアメリカでもツアーを行なった「今」がまさに「絶好のタイミング」だと判断した。僕自身とてもエキサイトしている。」(広瀬和生/BURRN!編集長)

 なお、記事では『THUNDER IN THE EAST』リリース30周年を記念した大特集として、当時のシーンを国内外にわたり熟知する増田勇一によるLOUDNESSメンバー(高崎晃、二井原実、山下昌良)個別独占インタビューが予定されている。

 1981年のデビュー以来、35年近く世界に大きな影響を与え続けている高崎晃率いるLOUDNESSと、1984年に創刊、世界でも有数の影響力と発行部数を誇る『BURRN!』誌による初の本格的タッグが、30年の歴史を越えて初めて実現するというファンタスティックな夢の実現。11月25日に発売される『THUNDER IN THE EAST 30th Anniversary Edition』を入手して、楽しみに待とう。

◎イベント【『THUNDER IN THE EAST 30th Anniversary Edition』発売記念スペシャルイベント(仮)】
11月27日(金)渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN 18:30 / START 19:30
司会・進行:増田勇一
ゲスト:LOUDNESS高崎晃、二井原実、山下昌良
入場料:無料(+1ドリンク代500円)
入場方法:30周年記念特設サイトにて近日発表

関連記事リンク(外部サイト)

80年代ジャパメタシーンを盛り上げた音楽誌『ロッキンf』今秋復刊 LOUDNESS巻頭大特集&日本HR/HM史30年徹底検証
『BURRN!9月号』表紙巻頭にエアロスミス “今”と“これから”を探るインタビュー2本立て
謎の二代目アニメタル NHK『MUSIC JAPAN』LOUDNESSメンバーらと出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP