ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デートの店選び テーブル席よりカウンター席の方が良い理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気になる女性がいる場合、最もポピュラーな方法は食事に誘うこと。何とか食事に誘い出すことに成功したら、どのように振る舞えばいいのか? 精神科医で『あなたの周りの身近な狂気』などの著書がある高木希奈氏が解説する。

 * * *
 2人で食事に行く場合、お店選びはとても大事です。大人の男性に女性が求めているものは包容力や経済力なので、若者が行くような居酒屋ではなく、お洒落で落ち着いた雰囲気のお店がいいですね。

 男女の距離が縮まる“暗闇効果”を狙える薄暗い店や、他の男性と比較されない個室もオススメです。他人が近づくと不快に感じるパーソナルスペース(心理的縄張り)は前方が広く左右が狭いといわれていますので、向かい合って座るテーブル席より、隣同士で座れるカウンター席のほうが互いの距離も縮まります。

 デートの間は会話の中で「気持ちいい」を連想するような言葉をさりげなく使ってください。女性は想像力が豊かなので「しっとり」「すべすべ」「さらさら」のような言葉をずっと囁かれるとその気になります。例えばデザートを食べながら「しっとりした舌触りだね」なんて声をかける。もちろん使いすぎてワザとらしくなるのはNGです。

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「アサイベリー」はブルーベリーよりアントシアニンが豊富
リニア新幹線 大地震の際停電で停止はあっても脱線ありえず
父娘の距離がぐっと縮まる「ソラリーマンと娘」ツーショット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。