ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪の紅葉を満喫できる名所5選&ひとやすみスポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紅葉といえば、何といっても京都! いえいえ、ちょっとお待ちを。
そう、そのお隣の「大阪」にも、美しい紅葉がゆったりと楽しめるスポットが、たくさんあるんです。

今回は大阪の紅葉狩りの名所を、カフェ・レストランや温泉など、ちょっとひと休みできる立ち寄りスポットとともにご紹介! 秋の行楽ルートの参考にしてみてくださいね!

1.大阪城公園

大阪城の白と紅葉の朱、そのコントラストが美しい!


1km以上続くイチョウ並木。大阪城天守閣前には、なんと樹齢300年とも言われる大イチョウの木も!

大阪のシンボルとも言うべき大阪城天守閣を、ぐるりと取り囲む「大阪城公園」。大手門をはじめ、焔硝蔵、千貫櫓など数多くの重要文化財を保存しながら、西の丸庭園や市民の森など、四季折々の自然も豊かに感じられるスポットです。

そんな大阪城公園の紅葉のいちばんの見どころは、なんといっても1km以上続くイチョウ並木。黄金色に輝くイチョウを眺めながら散歩していると、日々の忙しさを忘れられそう。大阪城天守閣前には、なんと樹齢300年とも言われる大イチョウの木もあるんですよ!

また、大阪城をバックに桜の木が色づくのも見ものです。天守閣の北側に、絢爛に枝葉を広げる櫨紅葉(ハゼノキの紅葉)も、壮観! 林立する大阪の高層ビルの灯りを背景に、ライトアップで照らし出される大阪城公園の紅葉の美しさは、とにかく艶やか! 大阪城公園(大阪城パークセンター)
住所/大阪府大阪市中央区大阪城3-11
電話/06-6755-4146
交通/JR大阪城公園駅、JR・地下鉄 森ノ宮駅、地下鉄 谷町四丁目・天満橋駅
時間/なし(出入り自由)
休園日/なし
料金/無料
見ごろ/11月上旬〜12月中旬ごろ
「大阪城公園(大阪城パークセンター)」の詳細はこちら

[ちょっとひとやすみ]

ベジ畑カフェ 小町

19日からの新日替わりメニュー二種。ヘルシーな玄米ご飯とベジタブル、このイロドリを見ただけで健康になれそう!

大阪城公園の南東スグ、玉造筋と中央大通の交差点にあるのが、玄米ご飯と野菜を中心としたヘルシーなお食事が楽しめる「ベジ畑カフェ小町」です。

ランチ、カフェ、ディナーと、どの時間に行っても楽しめるので使い勝手がいいのがポイント。ランチの「日替わり健康定食」には、メインのほかに3種の副菜がついてきます。

デザートやドリンクにもこだわりいっぱい。有機コーヒーやオーガニックティー、生麩のスイーツなど、大阪城公園散策の後で心地好く疲れた身体を、優しく癒してくれそうなメニューばかりなのが嬉しい! ベジ畑カフェ 小町
住所/中央区森ノ宮中央1-14-1 2F
電話/06-6945-0831
交通/「森ノ宮駅」徒歩1分
休業日/無休
営業時間/11:00〜21:00
「ベジ畑カフェ 小町」の詳細はこちら

2.万博記念公園

約20品種、1万本の樹木が紅く燃え立つ、大阪の秋


秋も深まると、万博記念公園では、園内の至る所が絶好の紅葉狩りスポットに!

260万平方メートルという広大な敷地が赤や黄色に染まる景色は壮観。なかでも日本庭園の茶室周辺がモミジで一面赤色に変わる様子は、なんともいえない風情が。

11月上旬から下旬にかけては、日本庭園・自然文化園「紅葉渓」において「万博記念公園 紅葉まつり」が開催され、茶室「汎庵」及び「万里庵」(数奇屋建築の名工・中村外二作)が一般公開されます。それ以外にも様々な関連イベントが催されますので、こまめに情報をチェックしましょう。

※2015年の「万博記念公園 紅葉まつり」の日程は、10月31日~11月29日です。 万博記念公園
住所/大阪府吹田市千里万博公園
電話/06-6877-7387
交通/大阪モノレール万博記念公園駅すぐ
時間/9:30〜17:00(最終入園16:30)
休園日/毎週水曜(祝日の場合は翌日)、4月1日〜GW及び10・11月は無休
料金/大人250円、小・中学生70円
見ごろ/11月上旬〜下旬
「万博記念公園」の詳細はこちら

[ちょっとひとやすみ]

源気温泉万博おゆば


万博記念公園を楽しんだら、ぜひとも寄りたい癒し処です

万博記念公園の近くにある日帰り温泉施設「源気温泉万博おゆば」。

100%天然温泉の源泉風呂「大地の湯」や大露天風呂「大露天七変化の湯」、ワイン・ラベンダーに薬草風呂といった様々なお風呂が楽しめる日替わりの湯「祭の湯」など、ぜいたくな造り・趣向のお風呂がいくつも用意されています。手ぶらで行っても入れる、タオル&バスタオルレンタルのついた「手ぶらパック」が人気。

湯だけでなく、サウナや岩盤浴、お食事も楽しめるとあって、ご家族連れにも好まれるスポットです。 源気温泉万博おゆば
住所/大阪府吹田市千里万博公園11-11
電話/06-6816-2600
交通/阪急千里線または大阪モノレール山田駅より徒歩10分
時間/10:00〜25:00(入場は24:00まで)
休館日/無休
料金/大人平日750円、土休日800円、小人(4歳〜小学生)全日370円
※手ぶらパックはそれぞれ+150円、乳幼児100円
「源気温泉万博おゆば」の詳細はこちら

3.服部緑地

大阪の名園で見る紅葉の素晴らしさに、ただただ、感嘆


赤黄の絨毯の上を、大切な人と、秋を感じながら歩きたい

日本の都市公園100選、日本の歴史公園100選にも名を連ねる、府下最大級の公園(甲子園の約33倍!)が、この「服部緑地」。「服部緑地野外音楽堂」「服部緑地ウォーターランド」など、バリエーション豊かな施設もあって、市民にこよなく愛されている公園です。

そんな服部緑地ですが、この秋、みなさんにぜひとも眺めていただきたいのが、100本以上のケヤキが鮮やかに色付いた姿。園内には広大な芝生の広場や緑道、松林、そして、「服部緑地都市緑化植物園」もあるため、紅葉とともに秋の花々を楽しむこともできます。 服部緑地
住所/大阪府豊中市服部緑地1-1
電話/06-6862-4945
交通/北大阪急行緑地公園駅徒歩5分
時間/なし(出入り自由)
休園日/なし
料金/無料
見ごろ/11月下旬〜12月上旬
「服部緑地」の詳細はこちら

[ちょっとひとやすみ]

日本民家集落博物館

茅葺き屋根の民家には、日本の秋の風情がよく似合う

広大な服部緑地公園は1日ではまわりきれないほど。でもぜひ行ってほしいのが敷地内にある日本初の野外博物館・「日本民家集落博物館」。北は岩手から南は奄美大島まで、日本各地の民家12棟が移築復元されている貴重なスポットです。

美しい紅葉と共に、古き佳き日本の古民家を眺めれば、しっとりノスタルジックな気分が味わえます。 日本民家集落博物館
住所/大阪府豊中市服部緑地1-2
電話/06-6862-3137
交通/北大阪急行緑地公園駅徒歩15分
時間/9:30〜17:00(最終入館16:30)
休館日/毎週月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日〜1月4日
料金/大人500円、高校生300円、小・中学生200円、幼児無料
「日本民家集落博物館」の詳細はこちら

4.犬鳴山

修験道にゆかりのあるパワースポットで紅葉狩り


犬鳴山の粛然とした雰囲気の中、紅葉の美しさが凛と映える

修験山伏道の開祖・役の小角(えんのおづね)ゆかりの霊場である「犬鳴山」。山のひんやりした空気を感じながら眺める紅葉は、神秘的な雰囲気で、最近はパワースポットとして訪れる人も増えているとか。

犬鳴山には幾つかのハイキングコースがありますが、おすすめは「犬鳴山バス停~行者の滝コース」。約1.5km、所要時間40分程度の初心者向けハイキングコースですが、ぜひ歩きやすい格好で臨んでください。紅葉で紅く染められた渓谷美に包まれて、心も身体も、リフレッシュ! 犬鳴山
住所/大阪府泉佐野市上町3丁目11-48(泉佐野市観光協会)
電話/072-469-3131(泉佐野市観光協会)
交通/阪和自動車道上之郷ICから約10分
JR日根野駅より南海ウィングバス20分犬鳴山下車
時間/なし(出入り自由)
休園日/なし
料金/無料
見ごろ/11月中旬〜11月下旬
「犬鳴山」の詳細はこちら

5.明治の森箕面国定公園

息を飲む、大阪でも一・二を争うカエデの美しさ


この紅葉の美しさ! 写真にも記憶にも、しっかりと留めておきたくなりますね

「日本の滝100選」のひとつ、落差33mもの箕面大滝。それを囲むように色づく真っ赤なカエデの美しさは、大阪随一。およそ1000種類もの植物が分布するといわれる明治の森箕面国定公園は、気軽に自然に触れることができる貴重な場所です。

大阪市内から電車で約30分というアクセスの良さもポイント。また、「箕面大滝」へと繋がる「滝道(たきみち)」もしっかりと整備されているので安心です。箕面に生息する昆虫について分かりやすく紹介している「箕面公園昆虫館」もあるので、ご家族で訪れても楽しい時間を過ごすことができます。 明治の森箕面国定公園
住所/大阪府箕面市箕面公園
電話/072-723-1885(箕面 交通・観光案内所)
交通/ 阪急箕面駅から徒歩約5分
時間/入場自由
休園日/ なし
料金/無料
見ごろ/11月中旬〜12月上旬
「明治の森箕面国定公園」の詳細はこちら

[ちょっとひとやすみ]

箕面かじかそう(河鹿荘)


このおしゃれな外観! ぜひとも立ち寄りたいスポットです。 色付く紅葉を眺めながら、本格イタリアンを味わえます。

かつて旅館だった建物を改装した一軒家イタリアン。爽やかな風が流れるテラス席で色付く紅葉を眺めながら、季節の地場野菜を存分に使った食事が楽しめます。ランチは1800円〜、ディナーも3500円〜と、リーズナブルな価格で本格イタリアンを味わえるのが、うれしい!

また、シェフが考案した「箕面ブリュレ」も大人気! 「かじかそう」を訪ねたからには、ぜひとも味わっておきたい一品です。オンラインショップで、お取り寄せもできます。 箕面かじかそう(河鹿荘)
住所/大阪府箕面市箕面1-6-6
電話/072-734-8531
交通/ 阪急箕面駅徒歩3分
時間/11:00〜22:00
休業日/毎週水曜(祝日の場合は翌日)
「箕面かじかそう(河鹿荘)」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

時が止まったような家並み。東海道・関宿の街道を行く【三重】
秋の札幌で観光するなら「ぶらり紅葉さんぽ」が断然オススメ!
夕陽に感動!水平線まで一望!北海道の海絶景を楽しむ温泉4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP