体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

抽出器具メーカーに聞く! 本当に美味しいコーヒーの淹れ方【名門フィルター編】

f:id:uralatokyo:20151007132242j:plain

ここ数年、ブームと言えるような盛り上がりを見せているコーヒーの世界。

自宅でドリップしてコーヒーを楽しむという人もずいぶん増えました。
でも、みなさん本当に美味しいコーヒーを淹れることが出来ているでしょうか?

コーヒーの抽出器具にも様々な物があります。
それぞれの器具の特性を知って、もっと美味しいコーヒーを淹れる方法を学ぼうというのがこの企画。

さて第1回目は、「名門フィルター」の正しいドリップの仕方について勉強しましょう。
一般には「コーノ式ドリッパー」とも言われる名門フィルターの実力はコーヒー通には以前から定評のあるところ。

というわけでやって来たのは、東京は巣鴨にある名門フィルターの製造元である珈琲サイフオン株式會社さんの本社。

f:id:uralatokyo:20151007132325j:plain
お、かなり年季の入った社屋ですね……。

いや、名門フィルターといったらコーヒー好きなら知らない人はいない、円錐フィルターの元祖。

世界的にも評価の高い企業なんですよ。

しかも、珈琲サイフオン株式會社さんは大正時代に世界に先駆けコーヒーサイフォンを開発、発売したという老舗ですよ!
なにしろ会社じゃなく會社なんすから。サイフォンじゃなくサイフ「オ」ンなんすから、もう。

なので、もっとでっかい本社ビルヂングを想像してたわけです。
でも、よく見るとこの建物、すごく味わい深くていいと思いませんか。
日本のコーヒー業界が世界に誇る抽出器具が、この下町の工場(こうば)といった風情の社屋から生み出されているのだと思うと感慨深いものがあります。
そして壁から生えた煙突の林がなにやらスチームパンクなムードも醸し出していますね。

もちろんこれはコーヒー豆を焙煎するロースターの煙突。

知らない人も多いのではないかと思いますが、珈琲サイフオン株式會社さんでは抽出器具だけでなくコーヒー豆の販売もしているんです。独自に焙煎機も開発したり、自家焙煎や珈琲店の開業希望者に焙煎指導もしているんです。

まあ、とにもかくにも引き戸を開けて中にお邪魔してみましょう。
これまた往年の久世光彦ドラマを思わせる家内制手工業な雰囲気がナイスです。
さて今日の先生はこの方。
珈琲サイフオン株式會社で広報を担当する千葉智基さん。

f:id:uralatokyo:20151007132431j:plain
それでは先生、さっそく美味しいコーヒーの淹れ方を教えてください!

「その前にですね、まず、名門フィルターの構造をご説明します」

あ、なんか出ばなをくじかれた感……。

これを買いさえすれば美味しいコーヒーが飲めますっていうなら話は簡単なんですけどね。まず構造と特徴を理解しないと本当に美味しく淹れることは難しいんですよ」

それは確かにそうですね! それではズバリ、名門フィルターの特徴はと言うと……。

f:id:uralatokyo:20151007132458j:plain
写真を見ていただくとお分かりのように、円錐形の底に大きめな穴が一つ開いていますね。同じペーパードリップでもカリタやメリタのコーヒーフィルターは台形のような形の底に小さい穴が開いています。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy