ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カラミちゃんとマサラくん」 Vol.4 世界中の料理人も今注目の野菜、春菊! 和食だけじゃなくカレーにも! 春菊とラムのキーマカリーレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちはカラミちゃんです。皆様、今日もカレー食べていますか?

カレーとはスパイスと汁気の合わさった料理。

世界中には沢山のハーブや野菜、スパイスがあります。

その土地の収穫野菜を使い、自由な発想を巡らせて、オリジナルで美味しく創作できるスパイスカリー。

 

ところで、春菊って東アジアでしか食べられていなかったのはご存知ですか?

ヨーロッパでは観賞用とされていた春菊。

近年、和食ブームの影響もあり、オーガニックの母、料理人アリス・ウォータースも積極的に春菊を使った料理を出していたりと

注目の和食材、春菊。

 

これまた、風味豊かなラム肉との相性も抜群。

一見、香りに癖があるようでも、スパイスと合わさったシナジー効果でとっても美味しいです。

カラミちゃんカリーはバター、小麦粉不使用なので、さっぱりだけど深い味わいのキーマ。

胃腸の弱いマサラくんにも大好評です。

 

 

「春菊とラムのキーマカレー」

⬜︎材料⬜︎(5人前)

ラム肉 (ミンチ)         500g

玉ねぎ (みじん切り)       大1個

春菊  (ザク切り)        1束(多めでもOK)

人参  (みじん切り)       小1本

にんにく(みじん切り)       お好みで

生姜  (みじん切り)       お好みで

トマト缶              1缶

青唐辛子(みじん切り)       1本

水                 600ml

ココナッツオイル          1カップ

(無ければ身体によい油で)

 

 

⬜︎スパイス1⬜︎

クミンシード            小さじ1

ブラックペッパー粒         10〜15粒

シナモンスティック         2〜3センチ

鷹の爪(種とる)          2本

 

⬜︎スパイス2⬜︎

コリアンダーパウダー        大さじ2

クミンパウダー           大さじ1

ターメリック            小さじ1

レッドペッパー           小さじ1

塩                 小さじ2

ドライカレーリーフ                  大さじ2ほど

(ローリエ3枚でもOK)

 

⬜︎スパイス3⬜︎

ガラムマサラ             小さじ1/2

カルダモンパウダー          小さじ1

 

⬜︎作り方⬜︎

 

1、油を引いたフライパンにスパイス1の鷹の爪、シナモン、ブラックペッパーをいれ、強火で香りを引き出し、クミンを入れる。(クミンが焦げないように注意しながら〜)

 

2、鷹の爪はフライパンから取り出し、玉ねぎ、にんにく、生姜を入れて色がついてきたらにんじんも加えて炒める。

 

3、トマトを入れたら水分を飛ばしながら強火で炒める。

(しっかりと水分を飛ばすと味が凝縮しますよー)

 

4、全体がもったりとしてきたら、リーフ以外のスパイス2を混ぜ合わせながら加える。

 

5、ラムミンチを加えスパイス全体を合わせるように炒める。

(ダマにならないよう叩き切るような感じで)

 

6、春菊を加えざっくりと混ぜて軽く炒める。

(春菊はお好きな方はもっと多めに入れても美味しいですよー)

 

 

7、6を圧力鍋、又は深い鍋に移してお水を加えます。ドライカレーリーフの場合いは手で揉みながら加える。

蓋をして、40分〜1時間ほど煮込む。

 

8、とろりとした感じになったら仕上げにスパイス3のガラムマサラ、カルダモンパウダーを加え、塩で味を調整したら完成でーす!

(時間が経つとまた味が馴染みます。お塩はその加減でー)

 

9、盛り付けの仕上げに青唐辛子のせたり、ターメリックライスに合わせても美味しいですし、彩りも綺麗です。

 

 

カラミちゃん

世界中には沢山のスパイスがあります。

甘い香りや、ピリッとした刺激。

美味しくて、元気になるし、なんと恋にも効く!

胃腸の弱いマサラ君には食欲増進効果もあります。
スパイスは金と同価でもあった、まさに人間の根幹。自然が生んだ薬です。

そう実感してから、日々研究してきたスパイスの効能やレシピなどをお伝えしていきたいと思います。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP