ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2PM、今年2度目のツアーが名古屋で終宴 約13万人を動員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2PMが今年2度目となるツアー「2PM Six “HIGHER” Days」を開催、4都市12公演を行い、約13万人を動員した。

この公演は、2012年に行われ話題となった伝説の日本武道館6日間公演「2PM Six Beautiful Days」が、3年ぶりに大阪、名古屋まで開催地を拡大して行われるというもの。

メンバー6人が各日程でひとりずつソロ公演を行うという内容で、当日にサプライズでソロパフォーマーが発表され、毎日コンサートのスタートで約30分ソロステージが繰り広げられた。

約30分のソロステージが終了するとステージ左右に置かれた「HIGHER」のイメージを模した羽根型のオブジェが光り出し、振り落とされた幕の奥に、巨大なLEDリフターに乗り、まるで宙に浮いたような2PMの6人が登場すると観客は大歓声で迎えた。

10月21日に発売されオリコンデイリー1位(10月22日・10月24日付)を獲得した日本で10枚目のシングルを記念してデビュー曲「Take off」から「HIGHER」までを全曲披露するなど、各地充実の3時間公演となった。

セットリスト
10月7日日本武道館 / 10月27日日本ガイシホール(TEACYEON SOLO STAGE)
M-1 I LOVE U, U LOVE ME
M-2 結婚前夜 Part 2
君だけじゃない ※日本ガイシホール公演のみ
M-3 Tricion
M-4 Slander Man
M-5 Never Give Up

10月8日日本武道館 / 10月29日日本ガイシホール(Jun. K SOLO STAGE)
Intro~
M-1 NO LOVE
M-2 TRUE SWAG
M-3 No Goodbyes
M-4 LOVE & HATE
M-5 EVEREST

10月9日日本武道館
(TEACYEON SOLO STAGE)
M-1 Slander Man
M-2 Never Give Up
(Jun. K SOLO STAGE)
M-1 NO LOVE
M-2 EVEREST

10月13日大阪城ホール / 10月22日横浜アリーナ(JUNHO SOLO STAGE)
M-1 Crush
M-2 INSANE
M-3 Turn It Up
M-4 So many girls
M-5 SO GOOD
M-6 Don’t tease me

10月14日大阪城ホール / 10月20日横浜アリーナ(NICHKHUN SOLO STAGE)
M-1 Maybe you are
M-2 Let It Rain
M-3 SO WONDERFUL
M-4 Miss Wonderful
M-5 My Valentine-Japanese ver.-

10月15日大阪城ホール / 10月21日横浜アリーナ(WOOYOUNG SOLO STAGE)
M-1 R.O.S.E
M-2 COCKTAIL
M-3 ハンパない
M-4 Happy Birthday
M-5 Give Up

10月28日日本ガイシホール(CHANSUNG SOLO STAGE)
M-1 Wanna Love Again
M-2 Miss You
M-3 僕は
M-4 Boyfriend
M-5 Mine

(全日程共通)
2PM Opening ~
M-1 I’m your man
M-2 GIVE ME LOVE
M-3 Winter Games
M-4 Take off
M-5 Ultra Lover
M-6 ミダレテミナ
M-7 NEXT Generation
M-8 HIGHER
M-9 Fight
M-10 マスカレード ~Masquerade~
M-11 誓いのクリスマス
M-12 Only Girl
M-13 MY HOUSE –Japanese ver.-
M-14 Guilty Love
M-15 Jam Session
M-16 Breakthrough

EN-1 Beautiful
EN-2 Hands Up
EN-3 Everybody

関連リンク

2PMオフィシャルサイト:http://www.2pmjapan.com/
■所属事務所:JYPエンタテインメントhttp://www.jype.com/(韓国)
2PM OFFICIAL FAN CLUB HOTTEST JAPAN:http://www.hottestjapan.com/ (PC)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP