体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜が夜以上に夜っぽい!シルエットを効果的に使った明治の浮世絵師「高橋松亭」の作品がステキ

高橋 松亭(たかはし しょうてい)という人物をご存知ですか?明治時代〜昭和時代にかけて活躍した浮世絵師です。活躍した時代的からすると版画家といった方がよいでしょうか。

高橋松亭は小さな頃から日本画家の松本楓湖(まつもとふうこ)に師事し日本画を学びます。大正時代に入り松亭は浮世絵の近代化を目指した新版画の作品も手掛けていくことになります。

大正12年に発生した関東大震災の時にはそれまでに製作した版画、版木が全て焼失してしまったそう。その数なんと500点以上。しかし震災後に焼失してしまったものは作画しなおしたそうです。

松亭は風景画を多く描いている印象がありますが、その中でも目を引くのは何気ない夜の町を描いた作品。夜が夜らしくとても暗く描かれているのが特徴で、人物などもほぼシルエット状態で描かれているものが多いんです。

昔は夜になると現代ほど明るい場所というのはなかったことが絵から伺えますし、街灯や月明かり、民家からもれる明かりがとても効果的に使われている作品がとっても素敵です。

夜が夜以上に夜っぽい…何言ってるのか自分でもわかりませんが、今回は高橋 松亭の作品の中から、夜の薄暗さの中にあかりが灯る作品をご紹介します。

千束の池

[画像を拡大]

提灯を持った親子が池のほとりに。民家からもれる明かりが池の水面に映ります。

出典:Collectrium | M-108 The Pond of Senzoku 千束の池: Description

 

あさが谷

[画像を拡大]

有名な作品のひとつです。雨の中、車を引く男性が真ん中に描かれていますが、全体的にとても暗く描かれているのではっきりと認識できませんが、これが夜というもの。

出典:Collectrium | M-030 Night Rain at Asagaya; Wagon Puller あさが谷: Description

 

つじうら

[画像を拡大]

女性をシルエットのみで描いた作品。提灯の明かりが効果的ですね。

出典:Collectrium | ST-025 Tsuziura Seller つじうら: Description

 

作品名不詳

[画像を拡大]

こちらも人物、犬が完全にシルエットで描かれた作品。

出典:Collectrium | ST-093 Evening street: Description

1 2次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。