ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孫破産 野放図にカネ要求する子と野放図に出す祖父母の構図

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「孫疲れ」、という言葉が反響を呼んでいる。孫の世話は老後の最大の楽しみの一つではあるものの、程度次第では精神的、経済的にシニア世代が追い詰められていくこともある。なかには孫のための巨額出費で、老後生活が根本から変わってしまうケースも少なくない。

「4歳の孫娘がシックハウス症候群とわかり、息子夫婦が“娘のために郊外に一戸建てを買ってやりたい”と言い出した。でも、まだ30歳の息子にはそれだけの資金は無理。仕方なく、退職金2000万円をすべて息子に渡すことにしました。

 おかげで今住んでいる家をバリアフリーにリフォームする計画は白紙撤回。老後の楽しみにしていた国内一周旅行も諦め、夫婦でシルバー人材センターに登録してアルバイト探しの日々です」(元会社員60歳)

 家に次いで大きな負担となるのが教育費だ。2人の娘にそれぞれ高校3年生の孫がいる元会社員の男性(70歳)は、孫たちのために自宅を手放してしまった。

「長女の孫は美容系の専門学校を希望していて、2年間の学費が500万円。二女の孫は都内の私立大学に推薦入学がほぼ決まっていて、下宿費用などを含めて4年間で最低でも1000万円必要だという。最初は『そんなに出せるわけがない』と突っぱねていたが、娘たちが『もっと安い専門学校があるんじゃない?』『そっちこそ家から通学させれば下宿代が浮く』などと罵り合いを始めてしまって……。

 いたたまれなくなって、家と土地を手放すことにしました。築30年の家屋に値段はつかなかったが、土地は3500万円になり、預貯金500万円を合わせて4000万円。生前贈与の手続きを取り、私の分を1000万円残して、娘たちに1500万円ずつ渡しました」

 それでも娘たちに「お父さん、1000万円もいる?」といわれたという元会社員男性、その後は高齢者専用マンションに入居し、貯金を取り崩す日々だ。超高齢化が進むなか、孫が社会人になってからも祖父母を頼るケースも珍しくなくなった。

「3年前、初孫としてずっと可愛がってきた孫(28歳)が『自分の店を持ちたい』というので、開業資金の足しにと虎の子の1000万円を渡し、さらに2500万円の借金の保証人になった。ところが最近、その店が潰れてしまい、私は孫の残りの借金2000万円の債務者に。ボロ家を売り払っても返せる額ではないので、自己破産することにしました。今は仏壇も置けないような狭いアパート暮らしで、ご先祖さまに申し訳ない気持ちでいっぱいです」(元自営業80歳)

 もはや他人事とは思えない「孫破産」。避けるためにはどうすればいいのか。家族問題評論家の宮本まき子氏はこう助言する。

「今の子供世代は『祖父母世代は高度経済成長を経験してきた裕福な人たち。だから頼っていい』と思っている。一方、祖父母世代は『貧乏だった日本』も知っているので、自分の子や孫に『みじめな経験』はさせたくないと本能のように思っている。それで『野放図にお金を要求する子供世代と、野放図にお金を出してしまう祖父母世代』という構図が出来上がってしまう。

 しかし、なんの方針もなく、息子・娘夫婦に言われるがままにお金を出し続けることは、結果的に家庭内のトラブルを招きやすい。資金援助する時には、どういう条件でいくらまで出すという取り決めをしておくことが大切です。ましてや自分の老後資金までつぶして、孫を支援すべきではありません」

 孫疲れによる「下流老人」「老後破産」だけは避けたいものだ。

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
30代と高齢者の社会保障費 生涯格差は1人あたり6000万円
平均的老後過ごすには「年金+α」必要 退職金や貯蓄で補完
全然足りない年金 平均的な老夫婦で月4万~5万円の赤字に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP