ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キレイな巻き髪を長持ちさせる♪巻き方とヘアアイロンの選び方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

巻き髪を長持ちさせるには、ヘアアイロンの選び方が重要

今回は、長持ちする巻き髪の作り方をご紹介します。
みなさんはどんなヘアアイロン使っていますか?
まず、大切なのは「どのような髪型にしたいのか?」ということ。
やりたい髪型によって、アイロン部分の直径サイズが大事になります。
基本的には次のようなアイロンのサイズがいいですね。
【なりたいイメージ別アイロンサイズ】
・細めのカール:直径25mm
・ふわっとしたカール:直径 32mm
・大きめカール、毛先のカール:直径38mm
アイロンの温度においては、細かく調節できるものが望ましいです。
毎日のスタイリングではだいたい140度から160度が目安。
パーティーなどの気合いを入れてスタイリングしたい時は、180度で巻くとしっかりカールがつきます。
また、最近では巻けば巻くほど潤うアイロン、低音でもしっかりカールがつくアイロンなどNEWアイテムも続々登場しているので、チェックしてみて下さい。

 

長持ちする巻き髪作りの秘訣は、巻く前のベース作りにアリ!

①まずはブローをして、根元のくせをしっかり伸ばし、ツヤを出す
巻く前のブローはとても大切です。毛先をいくら綺麗に巻いても、根元がいろいろな方向を向いていれば、仕上がりが膨らんだり、崩れやすくなります。
また、髪が湿っていると、巻き髪はすぐに取れてしまいます。
髪の毛が濡れている場合は、しっかりとドライヤーで乾かしてくださいね。
ボリュームが欲しい人は、ブローでふんわりさせて下さい。
②巻く前にベース剤をつける
髪がスッピンの状態で巻くのは、ダメージの原因にもなります。
アイロンを当てる場所に、均一にベース剤をつけましょう。
③髪をブロッキングする
ブロッキングを取るのは面倒と思われがちですが、髪に均一に熱が伝わりやすく、一回に巻く量も分かりやすくなるので、実は早く巻けるコツなんです。
8ブロックくらいを目安に、毛束の量をできるだけ均一にブロッキングしましょう。

 

いつもの巻き髪がキープできる♪巻き方~仕上げまでのポイント

いよいよアイロンで巻いて行きます。
④ヘアアイロンで巻き髪を作る
温度は160-180度に設定し、ワンブロックずつ挟んでいきます。
毛先から巻くのではなく、中間部分から挟んでいきます。
徐々に毛先にズラしていき、最後はアイロンを縦に抜きましょう。
ロングヘアの場合は巻き込んだ髪の毛を軽く触り、熱が髪に伝わっていたらアイロンを外します。
※火傷には十分気をつけて下さいね。
全体に巻いたあとしばらく、毛先を(カールを)下から持ち上げ、冷まします。
髪があたたかいうちにほぐすと、だれてしまいますので、十分に髪が覚めてからほぐすようにしましょう。冷風を当てるのも良いと思います。
もし、慣れていない場合は、温度を150度くらいに下げて、少ない毛束量でやってみてもいいかと思います。
⑤スタイリング剤で仕上げ
巻いたカールをさらに長持ちさせるには、ソフトタイプのワックスを付けるといいです。
カールの部分に揉むようになじませていくと、巻き髪がしっかりできあがります。
ふんわりな雰囲気を出したいときは、スプレータイプのワックスをサッとかけるといいです。
スタイリング剤のつけ過ぎは、逆にカールがだれてしまいますので、気をつけてください。
参考にして、ぜひキレイな巻き髪を楽しんでくださいね。

蓑輪篤(ALVIVE/CREER)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP